Perspective

石化・凍結などの所謂『固め系』の話題について、アレコレ呟きながらじわりじわりと更新されるブログです。脱不定期更新を目指してSSにも現在挑戦中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

■大決戦! 超ウルトラ8兄弟■

大決戦!超ウルトラ8兄弟 (通常版) [DVD]大決戦!超ウルトラ8兄弟 (通常版) [DVD]
(2009/01/23)
長野 博つるの剛士

商品詳細を見る

去年に製作開始の報せを聞いて以来、とにかく公開が楽しみだった映画です。
8人のウルトラマンの時代を超えた大集合、横浜上空で繰り広げられる超巨大怪獣との空中戦……
正に全編が見所の塊のような映画でしたが、やはりどうしても外す事ができないのは

ヒッポリト星人の再登場

固めフェチとしましては、ある意味これが最大の見所ですねー。
余りの素晴らしさに既に二回観に行ってはいるのですが、ここは固めフェチ的に注目した部分を書いてみたいと思います。

・ブロンズ像化されたメビウス

黒い竜巻と共に山下埠頭に出現した双頭怪獣キングパンドン。
ウルトラマンメビウスは激闘の末にこれを倒すのですが、直後メビウスは謎のカプセルに閉じ込められてしまいます。
メビウスを捕らえたまま空へと浮かび上がるカプセル。その中はタールのような液体で満たされて行きました。

やはり黒い竜巻と共に現れるスーパーヒッポリト星人。カプセルはこいつが仕組んだ物だったのです。
「掛かったな、ウルトラマンメビウス!」

カプセルは横浜港に着水し、その姿を消します。
その中から現れたのはブロンズ像と化したメビウス――それは、人類から希望を奪うには十分すぎる光景でした。

ブロンズ像化されたメビウスは造形物で表現されています。
茶色の掛かったブロンズの彩色は重厚感もバッチリ。DVDでじっくり眺めて、私もフィギュアのブロンズ塗装に活かしてみたいぐらいです(笑)

ポーズは右手を前に大きく伸ばしたという物。
もがき苦しんでいた割にはカッコ良く固まったと思いますが、見様によっては助けを乞う姿にも見えるんですよね。
凛々しく固まって見えたか、それとも弱々しく固まって見えたか……解釈が分かれるポーズだと思います。

・貴様は生きたまま死ぬ!

メビウスをカプセルに捕らえたスーパーヒッポリト星人が、彼に勝ち誇って言う台詞です。
この台詞、固めの本質を言い当てているみたいで個人的にツボなんですよ。

あくまで『別の材質に変えられた』訳であって、肉体や精神が死を迎えたという訳では無い。
だが被害者は指先を動かす事すら出来ないし、ましてや意識があるのかどうかすら怪しい。
仮に意識があったとしても、硬化した口は只の一言も発する事ができない……

元に戻す手立てが無い以上、一切の反応を示す事の無くなった姿は『死んでいる』と言われても何らおかしくありません。
そんな不安定な、危うい状態に少女なり少年なりを貶め、それを眺めたり加工したりして愉しむ。
……自分で言うのも何ですが、なんとも意地悪な愉しみ方ですね(笑)

しかしながら裏を返せば、被害者は彫像化した身体を破壊されない限り『生きている』のも事実。
解除さえ出来れば、また以前と変わりなく行動できてしまいます。
固められた被害者って、言ってしまえば生と死が物凄く曖昧なんですよね。

登場人物を死なせる事無く、完膚無きまでに行動不能にする事ができる。
つくづく『固め』の面白さを再認識する次第です。

・時間ごとに注目

メビウスは物語の終盤までブロンズ像化されたまま放置されてしまうのですが、その間の見せ方には色々と工夫が為されてます。
以下、気になった所をピックアップしてみますね。
お気に入りのキャラが固まった光景に重ねあわせして頂けたら幸いです(笑)

・ブロンズ化直後

ブロンズ化されたメビウスは横浜港に設置されるのですが、着水の瞬間に大きな水飛沫と波が。
40m級の巨大オブジェの持つ重量が良く解る演出だと思います。

晴れ渡った横浜の空とブロンズの黒光りのコントラストも面白いです。
言い用の無い不安感を煽ってくれるみたいで。

・雨ざらしになるメビウス

『吹き荒ぶ雨の中、ピクリとも動かない被害者』『固まった人物に呼びかける⇒当然無反応』
私のツボがぎゅっと詰まっていて、個人的にお気に入りのシーンです。
彫像と化したメビウスを見上げる場面ですので、アングルも自然にあおりの物になって来ますが……この場面の悲壮感が非常に良く出てました。

……固まった娘さんをあおりで眺めるの、ちょっとした夢なんですよね(笑)

・復活直前

いよいよクライマックス。固まっていたメビウスも最後の戦いに向かいます。
時間としては一瞬なのですが、解除される直前に横浜港の灯りに静かに照らされているメビウスが。
オレンジの光でうっすらと照らし上げられている姿は、何だか幻想的でもありました。

……固まった娘さんにも応用が利きそうだなと、ちょっと不純な気持ちで見てしまっていた事を告白いたします(笑)

・総括

普段から取り留めの無い文章でしたが、今回は映画の内容を記憶を頼りに書いた為に、増して混沌とした内容になっております(笑)
興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、是非とも劇場でご確認してみて下さいませ。
被害者がウルトラマンという特殊なシチュではありますが、固まる過程の演出、彫像の見せ方など見るべき所は多いですよー。

次回は折角ですので、私なりにスーパーヒッポリト星人をご紹介してみたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2008/09/21(日) 18:36:57|
  2. 雑感(映像)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天罰エンジェルラビィ☆

天罰 エンジェルラビィ☆ [DVD]天罰 エンジェルラビィ☆ [DVD]
(2003/12/04)
飯塚雅弓かかずゆみ

商品詳細を見る

当ブログを立ち上げる際に設定した『雑感』のカテゴリー。
映像・書籍・ゲームの三つを設定したわけですが、まずは一通り記事のエントリーを済ませておきたい所です。
第一回のレビューは書籍でしたので、今回は映像から一つ、ネタを取り上げてみたいと思います。

『天罰エンジェルラビィ☆』
(発売:メディアファクトリー 2003年)

洗脳必至の強烈なテーマソングと、ぷにぷにした直球の萌えを突きつけるキャラ。
こういう系統の作品は、実は余り見る機会は無いのですが、中々に良い石化ネタがありますよ……
と同好の方よりご紹介を頂いたとあっては話は別です。

『時間にしては一瞬ですけど』というご注意も一緒に頂いたのですが
こういうネタってまずは見てみないことには解らない所が大きいですよね。

当時はあんまりネットで物を買うことも無かったので、目ぼしいショップをひたすら行脚し
ようやく見つけた物を定価で手に入れたという
私にとって中々入手に骨を折った思い出の作品でもあります。
やっとの思いで手に入れたDVDを、ちょっと緊張しつつプレイヤーに入れてみました。

お目当てのシーンは、驚くほど早く見る事が出来ました。物語が始まってから、実に約40秒!

●概要
地上の文明を根こそぎ破壊し尽くす事となる『大魔法戦争』が勃発。
都市上空に突如として発生した魔法陣から無数に現われる、奇怪な意匠の魔法兵器。
取分け巨大な個体から放たれた、蝶に似たフォルムの小型魔法兵器が撒く燐粉は
未だ事態を把握できず怯える人々を瞬く間に石像の群れと化し――

●群集石化

空に浮かんだ魔方陣が赤紫の光を発している為、石像の色味もそれに準じた赤黒い物となっています。
瞳の部分は濃い色合い。
全身くまなくヒビの入った質感表現は、終末的な画面も手伝って、一種の不気味さも漂わせているように思えます。
人々の恐怖に慄く声が、石化すると同時にぷつっと途切れる演出もソツが無い。
では、固まってる群集の中から、気になった彫像をピックアップしてみますと……

・鞄を片手に抱え、空を振り返った姿勢のOL風の女性
・右腕を顔の前にかざし、怪訝な面持ちを浮かべた女性
・恐怖の余りか、抱き合ったまま親子連れ(?)

表情がはっきりと判別できるのは二番目の女性までですね。
また、男女の判別が難しそうな人物はとりあえず記述を保留しています。
悪しからずご了承下さい。

個人的には、やはり最もアップで描かれているOL風のお姉さんが一番のツボでした。
形の整った太めの眉に、モブキャラとは思えない端正な顔立ち。
垂れ目がちなのがまた色っぽいんですね。
石の塊になる前は、どんなに聡明な女性だったんだろうなー……と、そんな妄想にも浸ってみたり。

●とは言え少し残念な所も。

ただ、このシーンは本当に一瞬なんですね。
加えて石化の瞬間はカットの切り替えで表現される為、変化の過程を楽しむのも少々苦しい。
『一枚絵』的には充分なクオリティなのですが、個人的にはアニメだからこその演出も見てみたかった所です。

あと、このお話のクライマックスは石化能力を持つ暴走魔法兵器との攻防なのですが、残念な事に個人的にツボに来る石化シーンは無し。
女の子ならあんなに沢山いるというのに、これが全く固まらないんです。
うーん……ここで何人かが石化していれば、間違いなく自信を持っておススメ出来るのですが……

とは言え、お姉さんが石化するのが大好きな私としましては、冒頭のモブシーンだけでも良い物が見られたと思っています。
レンタル等で見かけられましたら、お時間のある時にでもどうぞ。
  1. 2008/02/02(土) 23:09:29|
  2. 雑感(映像)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

只今のチャット参加人数

只今のお絵かきチャット参加人数

プロフィール

みつくりざめ

Author:みつくりざめ
石化に惹かれて早数年。
思うことを徒然と書き溜めていけたらと思います。

※メールフォームを設置しました。
ご連絡等がございましたら以下のリンクよりお願い致します。

FC2メールフォーム

twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。