Perspective

石化・凍結などの所謂『固め系』の話題について、アレコレ呟きながらじわりじわりと更新されるブログです。脱不定期更新を目指してSSにも現在挑戦中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

■封嘴のコカトリス■

こう言ってしまっては何なのですが、実は私はあまりマンガを読む方ではありません。
主にゲーム……特にRPGのステータス異常としての石化をねちっこく楽しむ方ですので、書籍の動静についてはどうも疎いんですよ(笑)
ここら辺は、もうちょっとアンテナを高く持てるようににしたい所ですね……

そんな訳で、今回はチャットでご紹介を受けた作品を題材に書いてみたいと思います。
ご紹介して下さった雷羅さんには、この場をお借りして改めてお礼を申し上げます!

■封嘴のコカトリス■

著者……野本真哉
出版社…講談社
掲載誌……マガジンGREAT2008年5月号(月刊少年マガジン・5月号増刊)

●世界観からツボ

個人的な嗜好の一つに『都市の遺構』……空想における廃墟みたいな物も大好きなんです。
それも古代の遺跡みたいな物ではなくて、現代~近未来的な街並みの物ですね。
RPGから例を挙げるなら、ワイルドアームズ4の埋葬都市フェルクレルングとかFF10のザナルカンドとか。
聖剣伝説2で『地下鉄』を初めて見た時には、背筋がゾクゾクっとしましたっけ。

この『封嘴のコカトリス』の場合だと、第一話の舞台となっているのは無国籍っぽい工業都市。
建築物の表面に巨大なパイプが露出していたり、漢字で書かれた看板がデカデカと貼り付けられていたり……ツボです。思いっきり私のツボです。
そんなツボな街を石像が埋め尽くすという光景が見られるとなれば、もう飛びつかない訳には行かなくなりました(笑)

●概要とお勧め

街一つが丸ごと石化している訳ですから、描かれている石像の数も当然多数に及びます。
中でも一番のお勧め……と言いますか、今回の主役と言っても過言ではないのが主人公タクマの母親です。

冒頭部分に登場したかと思ったら、直後に『虫』の群体に襲われてしまう彼女。
まだ幼いタクマを抱き掲げようとした姿勢のまま、眉を下げた悲しげな表情で石化しています。
瞳から光が消える瞬間をしっかりと描写してくれているのは、何とも痒い所に手が届く演出ですね。

エッジが立っているかのような固めの描線と、ざらついた表面を連想させるトーン。
アップのコマを見てみると、表面がうっすら剥れているようなディティールも描き込まれています。
この細かい表現は、やはり隔月連載というペースが為せる業なのでしょうか……?

一押しは184頁の表情のアップ。悲壮な表情で固まった様を十分に楽しめるかと思います。
口の中の書き込みが細かいのも個人的なポイント。石化した歯はもちろんの事、同様に石化した舌まできちんと描き込まれてます。
またこの舌が良いんですよ。固まる前の弾力が残ってそうな表現がまた……何ともフェティッシュな色気が漂う部分だと力説してみますね(笑)


●大切な『ヒト』あるいは『モノ』

すぐに石化してしまうため実質的な出番や台詞は本当に僅かなタクマの母ですが、石像としての出番・描写は半端じゃありません。
ツボに来た描写をピックアップしてみると、こんな感じになります。

・雨の中、石化したままズルズルと屋内へと引きずられる。
・全身をタオル(?)で拭き掃除。きゅっきゅっ。
・どれだけ笑顔で話しかけても、石化している本人は悲痛な面持ちのまま。

……第一話からこの密度。ハッキリ言ってお腹一杯です(笑)
いずれもタクマが彼女の事を大切に思っているからこその行動なのですが、そのどれもが彼女が『モノ』である事を強調してしまうと言うこのジレンマ。
石化被害者へすんなりと感情移入できる、実に石化的なツボを押さえた演出だと思います。
個人的に激しくツボにきたのはこれ。225頁よりタクマの台詞を引用してみます。

「オレの母さん……ずっと困った顔したままなンだ。オレが寂しがってたら、永久にそのままのような気がしてさ……」

たとえ生きていると信じていても、母親は『虫』が街を襲った瞬間の姿のまま。
『停止した時間』にいるという現実を、少なからず認めてしまっている台詞だと解釈しています。
少年漫画の主人公らしい飄々とした性格のタクマですが、この一言で『石化した母親を持つ』という彼の独自性が発揮されているのではないでしょうか。
『ずっと』とか『永久』とか、こっそりと固め的なツボワードも盛り込まれてますしね。


●下世話な妄想

服程度の厚みしかない石って、非常に脆そうだと思うのです。それこそ僅かな力の加減で容易く砕けてしまうような。
そんな物を10年も磨き続けていたら、あるいは服の部分だけ磨耗が進みそうな気がするのですが……
この辺りは深く妄想しない方が、お話としては綺麗に収まりそうですね(笑)


●モブにも注目

街一つが石化してしまっている訳ですから、モブにも触れなければなりません。
ところが少々残念な事に、石化モブはこちらに背中を向けている物がほとんどなのです。
せっかく数は大勢いるのに、何だかちょっと勿体無い気がしますね。

その中でも、女性を表情込みで確認できるコマとなりますと、214~215頁の見開きをお勧めしたいと思います。
確認できるだけで女性の石像は4体。

・背後を振り返り、全力で逃げようとしたまま石化している女性
・少年の手を繋いだまま、振り返り様に石化したであろう少女
・拳を握り締め、恐怖の表情で固まっている少女
・信じられない物を見たかのように、口を大きく開けた彫像と化した中年女性

この中では、三番目の『拳を握り締めた少女』がなかなか可愛らしくてお気に入りです。
大きく開いた口は、やっぱり私のツボみたいですね(笑)

実は182頁の右端に描かれている女性がモブでは一番好みっぽいんですが、残念な事に顔の大半が隠れているんですよね……
単行本化の際、何とか加筆されないものでしょうか(笑)


●徒然に総括

タクマの母親に文章のほとんどを使ってしまいましたが、石化的にも楽しみな要素は他にも盛り込まれています。

・防護服を着た一団に回収された街の人々の行方。
・触れた物を石と化す力を持つ少女・ノノ

個人的に楽しみなのはやはり後者ですねー。
敵方のお姉さんを石化して倒すような展開があれば嬉しいんですが(笑)

固まった『母親』には当たりが多いというのが持論ですが、この『封嘴のコカトリス』も例に漏れないと思います。
『ポニテ』『若奥さん』『横顔』……このいずれか一つでもツボだと言う方には、自信を持ってお勧めさせて頂きますね(笑)
掲載誌の発売から結構日が経ってはおりますが、まだ本誌は大きめの書店でちらほらと見かけます。
ご興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、どうぞお急ぎ下さいませ。

(平成20年5月18日現在)
スポンサーサイト
  1. 2008/05/18(日) 19:21:31|
  2. 雑感(書籍)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■STAR OCEAN Second Evolution スターオーシャン2 ■

スターオーシャン2 セカンド エヴォリューションスターオーシャン2 セカンド エヴォリューション
(2008/04/02)
Sony PSP

商品詳細を見る

4/9の記事で少し触れていたこの作品、何とか石化まで漕ぎ着けました。
発売から一月ほどが経過しておりますが、現状で書ける限りの事をご報告してみたいなと思います。

公式サイトはこちら。改めましてのご案内です。
http://www.eternalsphere.com/so2/

●とりあえず石化を見るには

実際このゲーム、石化攻撃を仕掛けてくる敵の数が尋常じゃありません。
ストーンチェックを装備するなど石化対策をしていない限り、狙ってなくても石化が拝めてしまいます。
比較的序盤に登場する敵と、主な出現地を書いてみますと……

・コカトリス(石化成功率4%)……ラスガス山脈
・ペトロゲレル(石化成功率31%)…山岳宮殿
・マンドレイク(石化成功率31%)……リンガの聖地

この中だとコカトリスが最速で遭遇できますが、ご覧の通り石化成功率はかなり低め。
とりあえず石化を見るのであれば、マンドレイクやペトロゲレルを相手にした方が効率が良いと思います。
何せ通常攻撃の石化発動率は、それぞれ31%という高確率!
お気に入りのキャラをこれらの群れに突っ込ませて放置すれば、実に簡単に石像が出来上がります。
四方八方から嬲られた末に石と化す……これはなかなかシチュ的にも美味しいのではないでしょうか(笑)

●ポーズを付ける(準備編)

敵に石化された場合だと、この作品では被ダメージ時のポーズで固まるのがデフォルトです。
でも少し残念な事に、キャラによっては表現がギャグっぽくなってしまっているんですね。
主人公のクロードとレナに関しては、二人揃って真ん丸な涙目で石化。これは少々おマヌケに見えてしまいます……

そこでお勧めしたいのが、アイテムクリエーション・調合で作成できるアイテムの一つ『ナイトメアポット』です。
状態異常の時以外に使うと確実に仲間を石化してしまう……普通なら厄介な代物ですが、フェチ的には何とも素敵な効用!
名前とは正反対に夢のようなこのアイテム、活用しない手はありません。

調合で作成する場合のレシピは以下の通りです。

・マンドレイク×ラベンダー
・ローズヒップ×トリカブト

どちらの組み合わせの場合でも、特に調合の特技レベルを上げる必要はありません。
調合のレベルが1でも、ナイトメアポットなら30%の確率で作成できるからです。

ナイトメアポットを手に入れてからが、このゲームは本番だと私は考えています。
ハッキリ言って遊び甲斐が格段に跳ね上がりますので、是非とも一度お試しになって頂ければと思います。


●ポーズを付ける(実践編)

移動中のメニュー画面で使っても良いのですが、ナイトメアポットが真価を発揮するのは、やはり戦闘中。
使用した瞬間に対象を石化しますので、お気に入りのキャラをお好みのポーズで固めておけるのです。
私の場合だとチサトさんが大のお気に入りでしたので、PS版ではそれこそ無我夢中でナイトメアポットを飲ませてました(笑)

×ボタンを連打すれば戦闘はコマ送りのようになりますので、ここぞと言うタイミングを狙って使用すればOKです。
他の仲間が勝手に攻撃して戦闘を終わらせる事の無いよう、全員に『何もするな!』の作戦を設定しておくと良いでしょう。

例えばこんな感じの彫像が出来上がります。

・たなびく髪もそのままに、正拳突きの姿勢のまま石像と化したレナ(通常攻撃中に石化)
・地底戦車に乗り込もうとするプリシスの巨大オブジェ(モール使用中に石化)
・爆撃機を呆然と見上げるチサトの像(プレパレーション使用中に石化)

もちろん、これはほんの一例に過ぎません。
特に前衛キャラは必殺技を覚えるほどポーズに幅が出ますので、より高い遊び甲斐があるのではと思います。

●PS版との仕様の違い

移植に伴いまして、戦闘終了時に於ける石像のポーズに若干の変更があります。
メモ書き程度に書いてみますね。

・PS版……石化時のポーズを維持。
・PSP版 …通常の立ちポーズに強制的に変更。

つまり、どんなポーズを付けて石化しても戦闘終了時にリセットされてしまうという事です。
石像を鑑賞される場合は、この点にご注意ください。

余談になりますが、PS版には上記の方法でポーズを付けて石化した場合、非常に高確率でフリーズしてしまうと言うバグがありました。
PSP版ではこのリセット処置が効いているのか、現時点では同じ方法を試してもフリーズは起きていません。
地味な部分ではありますが、安心して石化を楽しめるようになったのは大きいと思います。

なお、石化確率等のデータは以下の書籍を参考にさせて頂きました。
ご紹介と同時に、今回の結びと致します。

スターオーシャン2 セカンド エヴォリューション 公式コンプリートガイド (SE-MOOK)スターオーシャン2 セカンド エヴォリューション 公式コンプリートガイド (SE-MOOK)
(2008/04/02)
スクウェア・エニックス

商品詳細を見る
  1. 2008/05/05(月) 21:33:23|
  2. 雑感(ゲーム)
  3. | トラックバック:0

只今のチャット参加人数

只今のお絵かきチャット参加人数

プロフィール

みつくりざめ

Author:みつくりざめ
石化に惹かれて早数年。
思うことを徒然と書き溜めていけたらと思います。

※メールフォームを設置しました。
ご連絡等がございましたら以下のリンクよりお願い致します。

FC2メールフォーム

twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。