Perspective

石化・凍結などの所謂『固め系』の話題について、アレコレ呟きながらじわりじわりと更新されるブログです。脱不定期更新を目指してSSにも現在挑戦中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

たまには速報のような物を

突然ですが、先日Wiiを買ってきました。
4月のPSPを皮切りに始めた、各種ゲーム機の買い集め計画。
これまでは比較的お手軽な携帯機種を揃えて来ましたが、いよいよ本腰を入れる時期に差し掛かったようです。

とは言いましても、最初に買ったのは本体のみ。
しばらく似顔絵を作ってばっかりいたんですが、今日になってようやく専用ソフトがやって来ました!
購入したのはこちらになります。

テイルズ オブ シンフォニア-ラタトスクの騎士-

以前の記事でも購入を計画していたソフトの一つですね。公式サイトはこちらです。
http://namco-ch.net/talesofsymphonia_wii/index.php

どうした事か夏頃の発売だろうと勘違いしてゆっくり構えていたんですが、結果大慌てで予約に走る事になりました……
相変わらずのアンテナの低さが情けないやら可笑しいやらです(笑)

●通過儀礼

石化目当てに新作ソフトを買って説明書を開く瞬間……この趣味も随分長いのですが、未だに緊張してしまいます。
特に今回はハードと一緒に買ったわけですから、もしも石化が無かった場合のダメージは計り知れません。
いつにも増してドキドキしながら説明書を読み進めていきますと、そこには!

石になり、全く行動できなくなります(説明書P47より)

取り合えず、第一関門『石化の有無』はクリアでした!
やっぱりRPGはこうでなければなりません。モチベーションが段違いなんですよ。

ですが、実際に石化を見るまでは楽観も出来ません。
きちんと石化が見られましたら、その時は改めまして詳細をご紹介してみたいなと思っております。
今回は取り急ぎ『石化が有った』という事に関してのご報告を、速報みたいな感じでさせて頂きました。
……本当、ツボに来る石化表現でありますように……!

●思う所をつらつらと

とにかくマルタを石化させたくて仕方が無いんですよ(笑)
『お姉さん』と呼ぶにはどうにも幼い印象の彼女ですが、何かが私のツボを強く刺激するみたいですね……!
イラストを見る限りではアクションも派手そうな彼女、色々とポーズを付けて石化できれば嬉しいです。

見てみたいのはダメージ状態での石化!
個人的にマルタは身体を『く』の字に折り曲げて石化している姿が似合うと思うのです(笑)

他に気になるのは、やはり前作の女性陣も石化できるかどうか……ですね。
石化できる女性が4名増えると、コストパフォーマンスも遊び甲斐も随分と違ってきます。
マルタとコレット、新旧ヒロインを並べて石化できたら壮観でしょうね~。

英雄と呼ばれた者が巻き起こした惨劇。そして英雄に運命を狂わされた少年と少女の物語……
何だか『ガメラ3』を髣髴とさせる、どこか陰鬱な展開を予想させるストーリーも楽しみです。
物語においての感情移入が深ければ深いほど、石化させた時の感激も高まるもの。
じっくりまったり、2年後のシンフォニア世界を堪能して行きたいですね。

以上、プレイ前の雑感でした。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/27(金) 01:32:34|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

■FINAL FANTASY IV(ニンテンドーDS版)■

ファイナルファンタジーIVファイナルファンタジーIV
(2007/12/20)
Nintendo DS

商品詳細を見る

チャットやメッセンジャーでお話をしていますと、色々と新作ゲームの情報を聞く機会に恵まれます。
石化的に期待できそうな新作タイトルと、その対応ハードをざっと書いてみると……

・テイルズ オブ シンフォニア-ラタトスクの騎士-(Wii)
・テイルズ オブ ヴェスペリア(X BOX360)
・ヴァルキリープロファイル ―咎を背負う者―(ニンテンドーDS)

……恐ろしい事に、いずれも持ってないハードばかりです。
これから年末にかけて幾つもの期待の新作が発売されると言うのに、このままでは何一つ見る事のないまま今年が終わりかねません。
ゲーム好きを自称してきた私にとって、これは由々しき事態です……!

そこで。
今年は一念発起して、懐と相談しつつ手広くハードを集めてみようと決意しました!
携帯機種とは縁が無いと思ってましたけど、結局はSO2目的でPSPも迷わず買えましたしね。
一度思い切って動いていると、後の行動も自然と続いて来ると言うものです(笑)

どのハードから手を付けようかと少し悩んだのですが、最初は比較的安価で手に入るニンテンドーDSから集める事にしました。
ヴァルキリープロファイルの新作は現時点では発売日が未定の状態なんですけど、他に以前から気になっていたソフトがあったんですよ。
それがこちら。

■FINAL FANTASY IV(ニンテンドーDS版)■

言わずと知れたリメイク版ですね。
パロム&ポロムの石化イベントがフェチ的な琴線に触れた方も、きっと沢山いらっしゃるはず。

SFC版の時から大人リディアが凄くツボだったんですよ。
徐々に石化状態にする⇒魔法を詠唱させる⇒詠唱完了の前に完全石化……という流れを作って悦に浸っていたのを思い出します。
バハムートを召還するあと一歩の所で、敢え無く石の塊と化すリディアの姿を想像してニヤニヤと……(笑)

DSに舞台を移して生まれ変わったFF4。本体と併せて買ってきました。
以下、思う所をつらつらと書いてみますね。

●最初からクライマックス

お恥ずかしい事ですが、実は私はDSのセーブデータの管理方法を全く知りませんでした。
PSPと同じように、メモリーカードに類する物に保存するとばかり思っていたんです。

そんな訳ですから、電源を入れてみてビックリ。
いきなり最終ダンジョンにいるセーブデータがあるじゃないですか!
……何の事はありません。ソフトは中古で買った物ですので、前の持ち主の方のデータがそのまま残っていたんですね。
物を知らないと、こういう時に無駄にビックリしてしまうので困ります(笑)

ロードしてみた所、案の定リディアはブレイクを習得済み……天からの授かり物だと思って、そのまま石化を実践して見る事にしました。
その間、僅か5分。たまにはこういうのもアリですよね(笑)
と言う訳で、今回は取り急ぎローザと大人リディアを石化して楽しんでみました。

●はじめてのDS

DS版のFFをきちんと見るのは今回が初めて。
クリッとした眼が可愛かったSFC版のドット絵と見比べると、何だか随分とキャラが大人びた印象を受けます。

石化の表現はオーソドックスなモノクロ表現ですが、ローザは元々の色合が淡め、リディアは髪や衣装が緑系で揃えられている為か
二人ともモノクロとは言え、中々見ごたえのある石像に変える事が出来ます。

個人的にはローザの仕上がりがお気に入り。
全身が薄い灰色で統一されたその姿は実に見事。自然な彫像としての存在感を放っていると思います。

●DSならではの新機軸(ポーズ編)

3Dに生まれ変わった事の恩恵。その一つに『石化時のポーズ付けが可能になった』事があげられます。
現在確認できているだけで、そのバリエーションは以下の通り。

・直立
・瀕死
・攻撃構え
・魔法詠唱
・防御姿勢
・ダメージ
・逃走

SFC版では石化完了すると『瀕死』のポーズでしか固まらなかったのに対し、DS版では少なくとも7種類のポーズが付けられる様になりました。
アレコレとポーズを楽しみたい私としましては、この仕様変更は嬉しい限り!
魔法の詠唱を終える事無く石化するリディア』という何度も夢見た光景を、まさか実際に目に出来るとは思いませんでした。

あとオススメなのが『逃走中』に固まるパターン。
数瞬前まで一生懸命走っていたキャラがピタッと動きを止める……はっきり言って物凄くそそります(笑)

ポーズ付け自体はそう難しくありません。
固めたいキャラのATBゲージを満タン……すぐにでもコマンドが入れられる状態にしておいて、リディアに『ブレイク』を準備させるだけです。
ブレイクが発動するデモが流れたら、すぐさま目当てのポーズに対応するコマンドを入れればOK。
あとは石化が成功するのを祈るだけです。

ただ『ダメージ』状態での石化は少々条件が特殊です。
『特定のモンスターからの物理攻撃』の追加効果が発動する……というのがそれ。
『地底』のフィールドで遭遇できる『黒とかげ』などがそうなのですが、確率はまた非常に低いのが悩みどころ。
全滅しないように注意しながら、気長に殴られ続けるのが確実な方法だと思います。

とは言え、肩を竦めるように身を捩じらせて硬化するリディアや、驚くように上体を仰け反らせて石像と化すローザの姿は必見!
根気は確かに要りますが、手間に見合うだけの言い物が見られますよ~。

また、石化した姿は勝利後の画面でアップで鑑賞できます。
目当てのキャラは隊列の一番上に来るように設定しておくのをお勧めいたします。

●DSならではの新機軸(固めてからのお楽しみ編)

DS最大の特徴でもあるタッチペン。これも石化鑑賞にも使えます。
ステータス画面やアイテム使用画面を開いてタッチペンでキャラに触れると、そのキャラを回転させて鑑賞する事が出来ます。

当然の事ですが、これは石化したキャラにも応用は可能。
回転の方向は横方向限定なのが少し残念ではありますが、それでもお気に入りのアングルはきっと見つかるはず。
ちなみに私は『横顔』が見える角度で鑑賞しています(笑)

擬似的ではありますが『自分の手で石像を動かしている』感覚を楽しめるかと思います。
コントローラーでの操作で回転させるのとは、また違った趣がありますよ。

●良い事尽くめでもありません

ポーズ付けのバリエーションも多彩、石化後は回転させての鑑賞が可能……
確かに素敵な改善が多々見られるDS版FF4ですが只一点、それも結構な不満点があります。

『徐々に石化』の表現が、身体から煙をモクモク発するだけになっているという事!
あの『足元からじわじわと石の塊になっていく』という演出が絶妙でしたのに、これは頂けないです。
この点に関してはパワーダウンしていると言わざるを得ません。
石化の進度も解り難いですし、何より妄想も湧き難いじゃないですか。

「あ、足が石に……ッ!?」
「詠唱が、間に合わ……」

こういう台詞を脳内で再生しようと思ってましたのに、ちょっとだけ当てが外れました(笑)

●お楽しみはこれから

徐々に石化に関しては残念でしたが、それでもDS版FF4は十分すぎるほど楽しむ事ができました。
とりあえず石化は残っていたデータで見る事が出来ましたので、これからはきちんと最初からプレイしたいと思っています。
幼リディアとポロムを戦闘時に石化させたり、そうそう、双子の石化イベントも見逃せないですしね。

鹿賀丈史さんのテノール声で喋るゴルベーザも楽しみにしつつ、またまったりと遊んでいこうと思います(笑)
以上、DS版FF4の偏った雑感でした。
  1. 2008/06/15(日) 18:07:39|
  2. 雑感(ゲーム)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石化塗装で遊ぶ

080601a.jpg


「なっ……!」
異形の影が放つ閃光。
それはセイバーの小さな身体も、彼女の驚愕に強張った声も、いとも容易くその裡へと飲み込んだ。

一瞬と呼ぶには、余りにも長い時間が過ぎた。閉じていた眼を、ゆっくりと開く。
先刻までセイバーが立っていた場所に残されていたモノは、少女を象った石像が只の一体。
選定の剣を携えた騎士の姿など、もう其処には無かった――

080601b.jpg


同好の方なら一度は考えるであろう(?)フィギュアの石化風塗装。
私も例に漏れず、雰囲気の良さそうなのを見繕っては、チマチマと塗装に勤しんでいたりします。
『自分で選んだ娘さんを自分の手で固めていく』みたいな感覚が楽しいんですよね。

このセイバーさんは、当ブログ設立後に初めて塗装に取り組んだもの。
折角ですから練習も兼ねて、数行程度の文章も添えてネタにしてみようと思った次第です。
……石化前と石化後でアングルやポーズが色々と微妙に違うのは、ご愛嬌という事で……(笑)

●題材探し

年齢、服装、雰囲気……基準は皆様それぞれで異なるかと思いますが、私の場合は『表情』を重視します。
『凛々しいお姉さんがカッコ良く固まる』事がツボですので、必然的にフィギュアも凛々しい物が欲しくなります。

ところが現実は非情。フィギュアは笑顔の物が大部分……凛々しい表情にこだわると、中々見つかりません
セイバーさんは一度ネタにしてみたかったんですけど、ツボに来る表情をしている物は高額だったりサイズが大きかったりして
気持ちだけが先行してしまっている状態が長らく続いてました。

そんな折に発売のアナウンスを聞いたのが今回の品、figma版のセイバーでした。
値段もサイズもお手頃、更に決め手になったのが写真にも使った叫び顔!
発売当初はどこも即完売の勢いでしたが、是非とも欲しいという一念でナントカ2個手に入れる事が出来ました。

本編では諸々の設定で石化不能だったセイバーさんでしたが、これで固められるって物です。
石化の魔眼が無くとも、実際には筆と塗料さえあれば事足りますからね(笑)

●素材と手順

一般的に『ドライブラシ』と呼ばれる方法で塗装していきます。
筆に一旦含ませた塗料を、新聞紙などにこすり付けて生乾きの状態にし、それをこすり付ける様に塗装していくこの方法。
戦車などのミリタリーモデルや怪獣と言った、荒々しい質感を必要とする物によく用いられます。

石の質感を表現するにも相性が良いですし、何よりさほど難しい技法でもありません。
塗り重ねていく際の色味にさえ注意すれば、簡単に石らしさが出せるのではと思います。
詳しい手順は模型を専門的に扱うサイトさんにお任せするとしまして、ここでは今回の材料をご紹介しておきます。

・つや消しブラック(C33)・つや消しホワイト(C62)・灰色9号(C97)・フラットベース(C30)
(全て㈱GSIクレオス様のMr.カラー(油性)を使用しています)

●しょっぱいオチ

こうして無事石化できたセイバーさんですが、実は致命的な欠点があります。
間接部分に塗料が完全に乗らず、間接から塗料がボロボロと剥がれ落ちていってしまうのです。
おかげでちょっとでもポーズを変える度に間接に塗装をし直さなければならないと言う、何ともしょっぱいオチが付いてしまいました……(笑)
もしご興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、その点にはお気を付けくださいね。

最後に石化状態の物を、もう少しアップで写した画像を一枚。
080601c.jpg


それではお目汚し、失礼致しました。
Figma Fate/stay night セイバー 甲冑Ver.Figma Fate/stay night セイバー 甲冑Ver.
(2008/04/25)
Max Factory

商品詳細を見る


  1. 2008/06/01(日) 22:31:08|
  2. フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

只今のチャット参加人数

只今のお絵かきチャット参加人数

プロフィール

みつくりざめ

Author:みつくりざめ
石化に惹かれて早数年。
思うことを徒然と書き溜めていけたらと思います。

※メールフォームを設置しました。
ご連絡等がございましたら以下のリンクよりお願い致します。

FC2メールフォーム

twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。