Perspective

石化・凍結などの所謂『固め系』の話題について、アレコレ呟きながらじわりじわりと更新されるブログです。脱不定期更新を目指してSSにも現在挑戦中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

■一月遅れのコミケ顛末記(3)

●寝起きの姿を晒すという事

低血圧という訳でもない筈なんですが、実は私は寝起きが相当に悪い方なんです。
完全に眼が覚めるまでには随分と時間が掛ってしまうんですよね。
今回は普段と違ってカモノハシさんのお部屋にお邪魔している訳ですから、私の自制心ももうちょっと働くかと思っていたんですが……
現実はそんなに甘くありません。案の定、普段通りの寝起きの姿を披露する事になりました。

半まなこという見るからに眠たそうな顔をしているのに加えて、何だか「うー」とか「あー」とか唸る体たらく……
その時の私の様子が余りにも見るに堪えなかったのか、カモノハシさんは気付けのコーヒーを淹れて下さいました。
朝からお気遣いさせてしまって、今更ながら申し訳ございませんでした(笑)

カモノハシさんのコーヒーがよく効きましたので、シャワーをお借りして眠気払いを済ませます。

●ゆったりコミケ紀行

いよいよコミケに出発する当日な訳ですが、前日の内からカモノハシさんとはゆっくり目に出かける事に決めてました。
会場にはお昼過ぎぐらいに着くぐらいの予定にしていましたので、朝はのんびりと食事を取りながら、コミケ参加についてのレクチャーを受ける事に。

当初の予定では、当日の早朝に出かける予定になってました。
東京に着いたらそのままビッグサイトに直行……今になって思えば、これって結構きついスケジュールですよね。
果たして体力の無さに定評のある私に実行できたかどうか、甚だ疑問であります(笑)
それが実際には、こんなにゆったりと、楽しい時間を過ごしながらコミケへの出発時間を待つという素敵な運びになりました。
本当、自分の宿泊を快諾して下さったカモノハシさんに感謝感謝です。

お話をしている内に時間になりました。
私もカモノハシさんも身支度を整えて、いよいよコミケ会場に出発です。
横目でカモノハシさんの服装をチラチラ見て、やっぱりお洒落だなと思いつつ(笑)

●大迷宮東京

「ビックサイトには以前に行った事あるんですよ。当日は先導を務めさせて頂きますね!」
こんな事を豪語してしまっていた私ですが、よくよく考えるとそれは8年も前の事でした。
またその時は吉祥寺在住の友人を訪ねた時でしたので、当然ながら経路も違いますし、8年の間に交通網も変わってます。
「ビックサイトにはゆりかもめ」「ゆりかもめには新橋から乗る」ぐらいのあいまいな記憶で、よく上みたいなことが言えた物ですね(笑)

案の定、乗り換えのために降りた渋谷で迷ってしまい、カモノハシさんを連れまわす事になってしまいました。
スミマセン……

そこからあんまり時間を掛けずに新橋に着いたのは、正に不幸中の幸いだったと言えましょう。
改札を出て「ゆりかもめ」の文字を頼りに乗り場に向かって歩いて行きます。

ゆりかもめに乗り込んだのですが、これが意外と乗客が少ない。
楽々とカモノハシさんと二人分の座席を確保し、東京湾を眺めながらのんびりと会場に向かう事が出来ました。
コミケはとにかく大忙し!というイメージが強かったので、こんな風にゆったりとした行程になるとはちょっと意外でした。
これもまた、運が良かったんでしょうね。

そんなゆったり気分に浸り、お話を楽しみながら窓の外を眺めていると……!

●会場到着!

唐突に現れた人、人、人の大行列!
コミケと言えば行列だと聞いてはいましたが、まさか駅からこれほどまでの距離に延びる物だとは!
これから会場に向かう人、収穫を両手に帰路へ着く人。そしてこれからの行動に向けて休憩を取る人……さまざまな人がそこにはいました。
そんな私たちを含めた人々を見下ろすのが、今回の目的地・東京ビックサイト!
無数の人達に囲まれて悠然とそびえ立つ姿は、正に現代の巨城と呼ぶに相応しい風格としか!

以前にも行った事はあるにはあったんですが、その時は全くのオフシーズンだったんですよね。
当時は寂しい場所だなー、と思っていた物ですが、活気に満ちた人たちで溢れると、建物ってここまで印象が変わるのかと。
正直な所、以前に行った時とは別物でした。同じ建物のはずなのに(笑)

「今回は前より人は少ない方ですよー」
カモノハシさんはそう仰いますが、会場へと至る通路はそれでも大勢の人でごった返していました。
ほとんどルートを把握できてなかったのですが、まるで空港の搭乗口みたいな渡り廊下をカモノハシさんの先導で歩いて行きます。
時間にして30分ぐらい歩いたでしょうか?

とにかく視界に広がる景色が広大な物ですから、実際に歩いたよりも遥かに長距離を歩いたような錯覚すら覚えました。
向かう方向は一つだったのであんまり混乱みたいな事は無かったんですが、とにかく人の多さに目が回る(笑)


●アクシデントは続く

この時点で私はもうふらふら。あまりの人の多さに頭がショートしてしまったみたいです。
入場後首振り人形みたいにあちこちキョロキョロするという役立たずぶりを披露する私ですが、ここに来て更なるアクシデントが!

年賀状の印刷をしてるんだけど操作が解らん。ちょっと教えてくれ
携帯電話から聞こえてきたのは、事もあろうに実家の父の声でした……!

PCの操作の手順が解らないという事ですが、これって実際に画面を見ないと答えようが無い質問ですよね。
そのうえ電波状況が悪いビックサイト内で懇切丁寧に解説しろってのが無理という物です(笑)
父には悪いんですが、心を鬼にして電話を切りました(後でフォローはしましたけどね)

そんな私に嫌な顔をする事無く、カモノハシさんはすいすいと最大の目的地であるカタメイトさんのブースに向けて歩いて行きます。
ここではぐれたら、もう今日はカモノハシさんと会う事は無さそうな混雑です。
はぐれないように必死について行く私は、ほとんど子供も同然だったでしょうねー。まったく、タチの悪い大きな子供です(笑)

そうして誘導される事数分、私の眼に映ったのは……!


●激動の一日の始まり(昼過ぎでしたが)

さて、ここからが本番中の本番です。
これまた文章量が凄い事になりそうですので、2日目は後編に持ち越しますね。
スポンサーサイト
  1. 2009/02/22(日) 21:01:20|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何故SO4に石化が無いかを三分で考察する

スターオーシャン4 -THE LAST HOPE-(特典なし)スターオーシャン4 -THE LAST HOPE-(特典なし)
(2009/02/19)
Xbox 360

商品詳細を見る

今日はスターオーシャン4の発売日。
店頭で予約をしていたり、ネットで確保していたり……今日という日を心待ちにされてきた方は
同好の方にもきっと大勢いらっしゃると思います。
何と言っても石化に定評のあるトライエース社(以下AAA社)の新作ですしね。期待するなという方が無理なのです。


購入された方は既にご存じだと思いますので、今回は前置きなしにサラリと書きますが
スターオーシャン4には石化のステータス異常はありません
凍結はあるので固め系が全く無いという事態は回避されているんですが、やっぱりこれは非常に残念……!!

スターオーシャンにヴァルキリープロファイル等々。
これまで良質の石化を見せてくれたAAA社なのに、今回に限ってどうして?と訝る方も少なからずいらっしゃるのでは。

そこで。

自分を納得させるべく、SO4に石化が無い理由を三分で考えてみました。
あのAAA社が石化を省くとは、その背景にはきっと深い深い事情があるに違いないと思うのです。
以下、私が考える『石化の無い理由』です。

・今回の物語はSO1よりさらに過去の時代を描いた物。
・SOの歴史に於いて石化が一大事として認識されたのは、1での石化ウィルス蔓延事件が初めての様に解釈できる
・そのSO1よりも更に古い時代に於いて、石化が当たり前のように発生するのは非常に不自然ではないか
・故に今回は『SO世界の歴史を重視する』という観点から、止むを得ず石化をステータス異常から省かざるを得なかった。

……かどうかは自分でもサッパリ解らないんですが。
こういう風に考えてみれば、少しは納得が出来るんじゃないかと思ってでっちあげてみました。
その分、これまでのシリーズでの石化の有難味も増すのではないでしょうか(笑)
  1. 2009/02/19(木) 23:28:26|
  2. 雑感(ゲーム)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■テイルズ オブ ザ ワールド レディアントマイソロジー2■

テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー 2 特典 スペシャルDVD付きテイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー 2 特典 スペシャルDVD付き
(2009/01/29)
Sony PSP

商品詳細を見る

■テイルズ オブ ザ ワールド レディアントマイソロジー2■

昨年にゆるい更新をすると発言したこと、それに現在筆まめを目指しておりますので、
連載の傍らでも書く時間があれば、どんどん記録に残して行きます(笑)

テイルズシリーズの内11作品から、総勢約50名のキャラが一堂に会するオールスター物。
テイルズでは第二弾ですねー。
ウルトラマンや仮面ライダー、果てはプリキュアまでもが大集合する昨今、オールスター物はある意味旬のネタのようにも思えます(笑)

公式サイトはこちらです。


●石化の概要

非常にオーソドックスなモノクロ風味の石化です。
もう少し凝って欲しいと思うのですが、ある意味安心して鑑賞が楽しめる仕上がりだとも。
石化時に『コチッ』と小さく音を立てるのが個人的にお気に入り。
何だか一瞬で体が凝り固まったような印象を受けるんですよね。

現在確認している段階でお話しますと、ダメージ状態のポーズで固まるのが基本です。
防具に付けられるスキルで『のけ反り耐性』を上げる物がありますので、それが使えれば色々とポーズを付ける事が出来るかも知れません。

ポーズを付けられるか否かはプレイバリューの評価に直結しますよね。
これは是非とも検証しておきたい所です。
……でも私の場合は鍛冶スキルが非常に低いので、そこを何とかする所から始めないと(笑)

戦闘中はステータス異常回復のアイテムか術を使わない限り石化は解けませんが
戦闘終了後のバトルレポートの画面、または逃走する事で回復してしまいます。
同じステータス異常でも『毒』は戦闘が終了しても継続するんですけどね。
石化の方が永続的に続きそうな気がするんですが、うーん……

石化が戦闘終了後も続けて発生していたら、装備変更画面などでアップにしたり回転させたりで楽しい鑑賞が出来たはず。
そう思うと実にもったいない気がします。石化についてはもっと厳しい処理で良いんですよー(笑)

●石化ポイント

『モスコビー砂漠』の1層目に出現する『バシリスク』が、今回最も早く出会える石化モンスターかと思います。
一口にバシリスクと言ってもテイルズシリーズでは色々と種類があるのですが、今回登場するのはピンク色の四つ足バシリスク。
アビスやヴェスペリアに登場してはガッカリさせてくれた罪深いバシリスクですが、めでたく汚名返上を果たしたようです(笑)
ただ、ある程度HPを削らないとバシリスクは石化効果を発揮しないみたいですので、そこだけはご注意して下さいね。

バシリスクはモスコビー砂漠に到着した時点ではかなりの強敵ですので、カノンノ辺りの作戦を弄って
こまめにHPを回復するように設定しておくと良いでしょう。
『リカバー』のような状態異常回復術が使えるキャラを入れる場合、それを使用しないように設定するのもお忘れなく。

ちなみに私の場合、作戦の優先順位は、1番に『HPを小回復しろ』2~5番目に『待機しろ』と設定しています。
宜しければご参考にしてみてくださいね。

参考までに私の場合だと、到達までのプレイ時間は23時間ほどでした。
ちなみにモスコビー砂漠はあらすじ49で移動が可能になります。結構後半ですね~。

●24の石像

主人公を女性にした場合、石化可能な女性キャラは何と総勢24人!
お気に入りのキャラを組み合わせてガシガシ固めてやろう、と意気込まれている方も沢山いらっしゃると思います。

私の場合は『ティアとエステルを並べて飾る』のが最初の目標でした。
勿論既にこの目標は達成済み! 二人とも体をくの字に折って固まってるのが可愛いんですよー(笑)

人の数だけ理想の組み合わせが存在するはず。
美味しそうな組み合わせがありましたら、こっそりとでも教えて頂けると大喜びします(笑)

マイソロジー2はもうちょっとネタにしてみますね。
  1. 2009/02/16(月) 23:04:21|
  2. 雑感(ゲーム)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■一月遅れのコミケ顛末記(2)

一月遅れのコミケ顛末記、第二回目です。
長文で恐縮ですが、お付き合いいただければ幸いです(笑)

●みつくりざめ東へ

いよいよ出発当日、29日。
前日はほとんど良く寝付けなかった癖に目覚めだけはやたら良く、5時ぐらいに目が覚めました。
うっかり二度寝してしまうと大変な事になってしまいますので、目覚ましにコーヒーをぐいっと一杯。
カバンに入れ忘れた物が無いかを確認したら、いざ東京に向けて出発!

東京には新幹線で向かいます。最寄りの駅は自分の場合だと新神戸駅。
早めに出発していたので、新幹線が来るまでは結構余裕がありました。
昼食代わりのエビカツサンドに飲料水。現地で便利そうな電池式の携帯電話充電器などを仕入れて行きます。
時間つぶしに立ち読みしたジャンプでは、ONE PIECEでの石化ネタを確認(看守さんですね)したり……なかなか幸先のいいスタートでした(笑)

年末の上り線という事もあってか、新幹線での旅は非常にゆったりとした物になりました。
道中のお伴はニンテンドーDS。その頃はテイルズオブハーツを遊んでいたんですね。
程々に遊んでは車窓を眺め、飽きてきたらまたDSを始め……あっ、富士山はちゃんと見ましたよ(笑)
そしてお昼前に東京に到着。電通ビルがでかい!

●小心者の旅路

正直な所をお話しますと、最初はカモノハシさんとお会いするのを気楽に構えていたんですね。
以前からチャットやメッセで何度もお話している方ですから、直にお会いするのもその延長線だと。
待ち合わせの場所への移動中、電車内でまだDSを余裕で遊んでいたぐらいでした(笑)

ところが。

待ち合わせ時間の30分ぐらい前になって、急に緊張をし始めたのです。
大して暑くも無いのに額から汗が出てくるし、心臓も急にバクバク鳴り出します。
こうなるとDSなんてに手に付きません。ソワソワとするのを抑えようと、窓の外を眺めているばかりでした。

そして待ち合わせの駅に到着。
着いた時に思ったことを正直に書けば『遂に着いてしまった!』でした。
基本的に小心者ですので、余裕ぶっていてもすぐに素が出てしまう物ですね。
すっかり慌てたせいか切符をどこにしまったかが解らなくなり、人目を避けるようにお手洗いに駆け込んで探したりしてました(笑)

財布の中にしまっていた切符を10分ぐらい掛けてようやく見つけ、改札を出る事が出来ました。
キョロキョロと辺りを見渡すと、そこには!

●5年目のはじめまして

改札を出た私が見たのは、自分と同じように誰かを探している様子のスマートな男性でした。
彼の服装は事前にカモノハシさんからお伺いしていた物と一致。どうやら向こうも私の事を見ています。
すると、つまり……!

「……ええと、あの、今日こちらで待ち合わせの約束をさせて頂いておりました……」
「カモノハシです。お待ちしてました!」

たどたどしく話しかける私に対し、男性は朗らかにご挨拶して下さいました。
初めてネットでお知り合いになってから5年。遂にカモノハシさんとお会いするという念願が叶いました!
さっきまでの緊張なんて何処にやら。すっかり舞い上がった私は『お会いできて嬉しい!』みたいな事を口にするのでした(笑)

●固めの聖地へ

お会いできた感激を噛みしめつつ、カモノハシさんのお部屋に向かいます。
以前に時報の人さんからお聞きしていた通りの、実に端正なマスクの方です。一緒に歩いていて、内心恐縮してました(笑)

そしていよいよお部屋に到着。
カモノハシさんはご謙遜されていましたが、整理整頓の行き届いたお洒落な部屋でした。
その方の部屋とお人柄はリンクするという話を聞きますが、それにも納得です。
このお部屋の5%分でも私の部屋も片付いていたら、もう少しはましな部屋になりそうな物を……(笑)

カモノハシさんに促されて椅子に座らせて頂き、更に嬉しい事にお茶まで淹れて下さいました。
お部屋に着いてもまだ緊張していた私ですが、ここに来てようやくリラックスが出来たと思っています。

そこからは本当に色んな事をお話しました。
この趣味を持ったきっかけ、お気に入りの固めネタ、今後は誰をどんな風に固めてみたいか……
チャットでもたっぷりしてきたお話なのですが、直接言葉でするやり取りだと、本当に新鮮に感じられるのが不思議で楽しかったです。

『石化等について語り合う』というのは昔からの私の夢で、それはチャットに参加させて頂いた時点で叶ったと思っていたのですが
やはり直にお会いしてするお話は、一味も二味も違うんだなと痛感します。
「やっぱりマリアさんは、銃を構えてよりもキック中に固めるのがベターでしょうかね~」だなんて、実際口に出してみると凄いテンション上がったんですよ(笑)

お話したことを全部書いてしまうと、それこそ凄まじい文章量になってしまうので割愛させて頂きたいのですが
やっぱり『これまでの思い出話』が強く印象に残っています。
カモノハシさんが固体少女さんに投稿を始めて、それからサイトを立ち上げて今に至るまで。
それは決して平坦な道ではなかったのですが、同好の方が集まって、コミケという大舞台で作品を発表されるまでに元気なコミュニティが出来た。
そうして振り返っていると、本当に感慨深いものがありました。
特にカモノハシさんの場合は、その感慨もも一際だったんじゃないかなと思っています。

チャットを引き継がせて頂いてから、早い物で一年が過ぎました。
自分の場合は本当に本当にできる事は僅かなのですが、少しでも盛り上がりのお手伝いが出来ていたら幸いです。

●先人に倣え

ひとしきりお話をしていると、ちょうど陽が暮れてきました。
私とカモノハシさんが二人ともカレー好きという事もあって、近くのココイチで少し早い食事を取る事に。
ココイチは私もよく晩御飯を食べるのですが、まさかカモノハシさんと並んでチーズカレーを食べる日が来るとは……!
浮かれていたのか携帯電話を思いっきり落としてしまい、またお恥ずかしい所をお見せするというオチが付きましたが(笑)

再びお部屋に戻ってからは、カモノハシさんの蔵書を見せて頂きながらお話の続きです。
改めて驚いたのは、カモノハシさんは本当にこまめにメモを取り、資料を貯蔵・整理される方だという事でした。
そのメモ書きに使われていたのが、私も雑記に取り上げました『ほぼ日手帳』です。
私の発言も幾つかを拾い上げて転記されていて、光栄やら面映ゆいやらです(笑)

私はどうもその辺りが苦手で、行き当たりばったりになってしまいがち。
頑張られている方は、一体どのように普段から取り組んでいるか?
良いお手本を見せて頂く事ができました。こういう気付きが出来るのも、オフの良い所ですね。

●もう一つの悲願

カモノハシさんから快く了解を得ていたのですが、今回の荷物の中にはPS2用のソフトを数本忍ばせてました。
一度『固めフェチ同士集まって、石化等を実践してみたい!』というも夢だったんですよね(笑)
こちらが用意した物は以下の三本。

・スターオーシャン3(ディレクターズカット)
・テイルズ オブ ジ アビス
・ワイルドアームズ4

いずれもカモノハシさんとお話したことのあるタイトルばかりです。
これにカモノハシさんがお持ちのテイルズ オブ シンフォニアを加えた合計4本の中からプレイしてみよう、という事になりました。
手前味噌ではありますが、上記のソフトに関しては自分も結構なノウハウがあるつもりです。
実際に石化してみて、アレコレお話が出来ればとですね。

……正直、これがもう楽しかったです!
以下はその時に交わされた会話を抜粋してみますね(笑)

「今のマリアさんのポーズ、ちょっと珍しくないですか?」
「クレッセント・ローカス中に固めてみたいんですよね。見えそうで見えないあの石像を狙います……!」
「頑張ってるけどダメっぽいですね、こんな風に固まってるマリアさん(笑)」
「ネルさんいつの間に固まってるんですか(笑)」
「コレットは祈るようなポーズが一番似合う感じですね。ズッコケも美味しいですけど」
「リフィル先生固まりすぎっす!全部最初の一撃じゃないですか(笑)」

やってる事は普段私が自宅でしているのと同じなのですが、共通の趣味の方とやる石化狙いプレイはもう別次元の楽しさでした。
時間の都合でアビスとワイルドアームズ4が出来なかったのが、ちょっと心残りでした。
一緒にティアさんも固めて盛り上がりたかったですね(笑)

●睡眠も準備のうちです

そんなこんなで日付が変わりました。
明日はいよいよコミケ本番、名残惜しいですけどその日はいったん締め。
テンションが上がりに上がった、ある意味ベストコンディションのまま就寝する事にしました。

2日目、コミケ本番に続きます。
  1. 2009/02/14(土) 12:37:17|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■一月遅れのコミケ顛末記(1)

一昨年からコミケには行ってみたいですねー、みたいな事をチャットでもしばしば言っていたんですが
私が関西という会場から離れた所に住んでいるという事もあり、どうにも上手く時間を取る事ができずに結局そのままになってしまってました。
チャットなどで皆さんのコミケのお話を聞くたびに、内心羨ましく思っていたものです(笑)

ところが今年は、年末のスケジュールを見てみると、どうやら随分と余裕がありそう!
千載一遇のチャンスを逃がす手は無いと思い、コミケ参加を決意したのでした。

私にとっても大きな転機となった08年の冬コミ。
ちょっと連載形式で思い出を振り返ってみようと思います。

……なぜ今頃と言うツッコミは真摯に受け止めます(笑)
でも、この時の出来事は必ず記録に残しておきたかったんですよ。

●協力者を探せ

しかしながら、まず大きな問題が一つ。
私にはコミケに関する知識が何一つとしてなかったのです。
確かに関西でもそれに類するイベントは開かれてますし、実際私も何回かは足を運んだ事があります。
でも今回参加するのは何せ日本最大のイベント。やっぱり規模は段違いなのです。

そんな所に何の前知識も無く向かうのは、いささか不安がありました。
ここは一つ、参加に先駆けて移動方法とか現地での立ち振る舞い方だとか、コミケの予備知識が欲しい所です。

コミケに参加経験があって、なおかつ同好の固めフェチの方……どなたにご相談したものかと考えたのですが
以前から何かとお世話になっているカモノハシさんに相談してみる事にしました。

カモノハシさんも相談に快く応じて下さいまして、コミケ参加のイロハを本当に丁寧にご指導して下さったのですが……
ここで思いもしなかった展開がっ。

●サプライズオフ

「折角ですから、お会いしてみませんか?」
なんとカモノハシさんから、前日にお会いしてみないかというお誘いを受けたのです!
更に年末のお忙しい中にもかかわらず、カモノハシさんの自室にお招きを頂くという予想を超える事態に!

ご迷惑をお掛けするのではと思って躊躇したんですが、私もカモノハシさんとはぜひとも一度お会いしてみたかったという事もあって
そのままお言葉に甘えさせて頂く事になりました。
かくして私のコミケ参加は、当初の予定よりも更に楽しみな、そして非常に重要なイベントとなったのです。

気にしないで下さいとは仰られたものの、実際はカモノハシさんも相当のスケジュールのご調整をされたはず。
誰もが気分的に慌ただしくなる歳末です。その中で自室に人一人をご招待するのは、何かと大変だったでしょう。

私の為に細やかなお気遣い頂いたこと、本当に有難く思っております。
文面に記すのは今回が初めてで恐縮ですが、ここで感謝の気持ちをお伝えさせて頂きますね。

●突貫下準備

それからは大急ぎで出発準備を整えました。
カモノハシさんは端正なマスクの持ち主との事でしたので、お会いした時に恥ずかしくないように服を新調したり
お会いした時の話の肴にPS2のRPGを数本見繕ったり……もちろん石化のステータス異常がある物を厳選してですよ(笑)

こうなるとあれもこれも持って行きたくなるのが悪い性分なのですが、カモノハシさんのお部屋に余りに大きな荷物を置くのは失礼ですし
それにコミケの会場でも、カタメイトさんや他の参加者の方々にご迷惑をお掛けしてしまいます。
ぶんぶんと大きな荷物を振り回し、周りに迷惑をかける自分の姿を想像したら冷や汗が出てきました(笑)
しばらくアレコレと試行錯誤した結果、何とかそれなりにコンパクトな大きさに荷物をまとめる事が出来ました。

そして東京までの新幹線のチケットも手に入れ、お泊まりセットをカバンに詰めて準備完了!
あとは出発の日……12月29日を待つだけとなりました。

……前日は案の定緊張してなかなか寝付けませんでしたが(笑)

次回、一日目に続きます。
  1. 2009/02/11(水) 15:53:46|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

筆まめを目指せ

待ちに待った日曜日。
今日はカモノハシさんがご紹介されていた物を、私も倣ってロフトまで足を伸ばして買ってきました。
それがこちら、ほぼ日手帳です。

1ページ目をバックに記念撮影
090201_162102.jpg

タイミングも良い事に、丁度今日が発売日だったんですよ。
非常にお恥かしい事なんですが、これまであんまり手帳をつけるという習慣が無かった物ですので
これをきっかけに今年は一つ、筆まめを目指してみたいと思います。

二人いっしょに悪だくみ中。誰をブロンズ像にしてやろうかな……
090201_162803.jpg

毎日少しでも固め系のネタや思い付きをプールしておけたら、きっと創作にも役立つはず。
合作を始めてから生活にも折り目が付いて来ましたので、この手帳に『書く』事を当たり前のように習慣にして行きたいですね。

それにしても、見れば見るに付けてお洒落な手帳です。
……怪獣や本が跋扈している自室を何とか綺麗に片付けて、早くこの手帳が似合う部屋にもしないと!(笑)

最後に、拍手コメントへのお返事を致しますね。
誠に恐縮ですがコメントは一部を抜粋させて頂きます。

>維持するのは大変かと思いますが頑張って下さい。

『石化等について語り合う』というのは、長年の私の夢でもありました。
そういう場所を引き継がせて頂いたのは、一人のフェチとしてこれ以上無い名誉な事だと思っております。

チャットは『お話を楽しんで下さる方』があってこその物だと考えていますので、実は
むしろ私が皆様にお世話になっているんですよね。
まだまだ拙い所は多々ございますが、今後ともこのチャットをご愛顧頂ければ幸いです。
いつも暖かいお言葉、ありがとうございます!
  1. 2009/02/01(日) 17:25:08|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

只今のチャット参加人数

只今のお絵かきチャット参加人数

プロフィール

みつくりざめ

Author:みつくりざめ
石化に惹かれて早数年。
思うことを徒然と書き溜めていけたらと思います。

※メールフォームを設置しました。
ご連絡等がございましたら以下のリンクよりお願い致します。

FC2メールフォーム

twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。