Perspective

石化・凍結などの所謂『固め系』の話題について、アレコレ呟きながらじわりじわりと更新されるブログです。脱不定期更新を目指してSSにも現在挑戦中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

■一月遅れのコミケ顛末記(5)

●11人いる!(みつくりざめ除く)

コミケ終了のアナウンスから時間が経つ事少々。
カタメイトさんのブースも後片付けが終わったとの知らせを聞きました。
再び館内に戻った訳ですが、いすや机がすっかり片付けられて、本来の広大な空間に戻った会場にビックリ。
人でごった返しになっている時でも相当の広さに思えたのですが、それ以上に広く感じられました。
こんなに広い空間を歩き回っていたんですから、そりゃ私が疲れるのも当然……と、自己を正当化してみたくなります(笑)

さてブース跡には、既に何人もの方が集まられていました。
そこにはカタメイトさんのお三方に加えて、初めてお会いする方々がズラリと……とかく緊張しやすい私ですが、例の如くここでも緊張です(笑)
チャットでお話した経験がある方が殆どだとは言え、顔を合わせるのは今日が初めて。
リアルに対面した時の最初のご挨拶もしっかりとさせて頂きました。
その場にお集まりになられていた方々は以下の通りです(順不同・敬称略で失礼しますね)

カモノハシ・時報の人・ゆうき・冬月・しおみなると・ALT-D・隼・いチノマキ・結城利也・ガーネット・的場無為

私を除くとそこに集まられていた同志の方はなんと11名!
こんな趣味は自分一人しかいないであろう、と半ば諦めていた過去の私に、果たしてこの状況が想像し得たでしょうか!?
加えて現地では、固めに留まらない広範なジャンルで活躍されている『あるなな』のあおばさんも合流されるとの事。
みつくりざめの緊張に終わりはないのでした(笑)


●東京を走る

オフ会の会場にはタクシーで向かう事になっていました。
皆さんとお話をしながら、タクシー乗り場へと歩いて行きます。
コミケの会場は徐々に閑散とした感じになっていましたが、帰路に着く方々が集まるタクシー乗り場はまだまだ賑わってました。
大勢の人がいたにもかかわらず、テキパキと誘導を行う係員さんの手腕は正にお見事。
これもまた巨大イベントが培った物の一つなんでしょうねー。

当然、オフ会メンバーが全員一台のタクシーに乗り切る事なんてできませんので、幾つかグループを分けて分乗します。
私はカモノハシさんとご一緒させて頂きました。

車内でカモノハシさんとしたお話は、コミケを終えてみてのお互いの感想と、そしてこれからの作品作りをどうするかのご相談。
待合の間ゆうきさんとお話していたカモノハシさんには、既にこの段階で未来図を描いていたのでした。
そして、この後すぐ後に控えているオフ会についての意気込みも少々……
……と言っても、ガチガチになってる私をカモノハシさんがたしなめて下さっていたんですけどね(笑)

お話も楽しかったのですが、更に嬉しかったのはタクシーの車窓から見える東京の夕景でした。
夕陽にほんのりと染まる超高層ビル群は壮観でした。
正直な所、東京と大阪とではそんなに街の景観には違いは無いと思っていたのですが……遅ればせながら認識を改めざるを得ませんでした。
やっぱり首都です、1000万都市です!(笑)

『帰ってきたウルトラマン』や『ガメラ 大怪獣空中決戦』等で東京の夕景の美しさを刷り込まれている私にとっては
これ以上無い眺めを楽しみながらの移動になったのでした。

そして見えてきましたのはオフ会の会場、東京駅!
当時から既に改装工事が始まっていたみたいでして、白いシートに全体を覆われたその姿は、都会に現れた巨大な壁の様でした。
お勘定を済ませていよいよ到着です。
ちなみに、この時のレシートは今でも大切に残しています。見る度に懐かしくなれるんですよ~。

今回で完結予定だったのですが、想像以上に長くなりそうなのでもう少し続きますっ(笑)
スポンサーサイト
  1. 2009/03/29(日) 22:36:18|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ありえない認定

既にご存知の方も多いかと思いますが、まずはリンク先の記事をご覧下さいませ。

世界の5大ありえないフェチ - GIGAZINE

以前からこの趣味ははちょこちょこと紹介されていたような気がしますが、今回は何と世界の5大と冠されてのご紹介!
『こんな趣味は自分だけだろうなー』と思っていた趣味が、今は世界に名立たるフェチとして紹介を受けようとは……
本当に世の中、何がどうなるか解らない物ですね(笑)

しかしながら、ちょっと気になるのが『ありえない』という形容。
物言わぬ彫像に色香を感じる……まぁ、確かに特殊な嗜好ではありますね。それは間違いない事実だと思います(笑)
ですが、果たして本当にこの趣味は理解の及ばないような物なのでしょうか?

この趣味を持つに至るまでは、皆さんそれぞれに確かな理由があるはず。
今回は自分の場合を例に挙げて、少しでも『ありえる』と思って頂けるようにしてみたいと思います。

あっ、最初に申し上げておきますが、私の場合は『石に変えられた人(の画像)に対し興奮を覚える人』に該当しますので
その点だけご了承くださいませ(笑)

●何処に惹かれるのか

既に完全に刷り込まれた嗜好ですので、何故惹かれるのか、何処に魅力を感じるのか……というお話は意外とする機会が無かったりします。
今回ご紹介して頂いた記事は、ある面ではそれを見直す良いきっかけとも考えられますね。
ここで改めて、自分にとってのツボを整理してみました所……

(1)造形美を楽しむ
(2)瞬間を保存して眺める


大雑把になりますが、以上の2つに大別できます。
以下、順番に嗜好のポイントを列挙して行きますね。乱筆乱文をお許しください(笑)

(1)造形美を楽しむ

人間、あるいは人間に酷似する容姿を持った存在(例:天使・獣人・エルフなど)が対象。
その姿を石の様な硬質の素材で構成された彫像として眺める事を楽しむ。
着目点はその時々によって多様。
顔立ちの美しさだったり、流れるような髪の動きだったり、胸部や臀部等の肉付きだったり。
特に筆者は、その対象が女性である場合の方がより望ましいと考える。胸とかお尻とか。

更に言えば、変化前と変化後での相違を楽しむ、とも言える。
・健康的な肌や色艶豊かな髪が灰色一色の石へと変じている(色彩的な相違
・柔らかな印象を与える身体の部位――例えば唇や胸などが硬質化している(感触的な相違
と言ったような、柔から硬、動から静へ変化する様子が筆者としては醍醐味。

通常の彫像と決定的に違うのは、その彫像が本人が変化した、又は恣意的に変化されられた姿であるという事。
本来の意味での彫像は、この場合は嗜好の対象外となる。
また、その過程は魔法等に代表される空想上の事象に限定する。
よって、筆者の場合は『空想を愉しむ』類の嗜好と言える(ここ最重要!

……つまりは美術館に置かれている彫像を鑑賞し、その美しさを愉しむのと大きな違いは無いかなと思います。
目の前にある彫像か、空想上で思い描いた彫像かという違いはありますけどね。
彫像を愛でるという行為は、ピュグマリオンの神話でも語られている様に、非常に古い起源を持つもの。
前例は神話の時代にまで遡る、ある意味では古式ゆかしいフェチとも言えるのではないでしょうか(笑)

(2)瞬間を保存して眺める。

本人(ここでは女性とする)を彫像の如く『固める』事で、本来ならば過ぎ去って行く瞬間の姿を停止、保存する。
対象は大きく分けて、表情と姿勢の二種類に分けられる。

・表情
笑顔や澄ましたような日常的な物から、恐怖や絶望が浮かんだ非日常的な物。
あるいは戦闘と言った状況での凛々しい物など、その対象となる表情は多岐に渡る。
表情はその瞬間の感情が表面化した物と言えるため、モデルの『内面』に踏み込んだ楽しみ方と言える。

例1…快活な女性が笑顔を浮かべた彫像と化す・毅然とした女性が凛とした表情で彫像と化す(普段のイメージをそのままに鑑賞)
例2…毅然とした女性が涙を流した彫像と化す・お淑やかな女性が驚きに目を見開いたまま彫像と化す(本来のイメージとのギャップを楽しむ)

・姿勢

彫像の方向性を決める上で、ある意味では最も重要な要素。
本来ならば一瞬の物でしか無い姿を、対象を彫像と化す事で永続化し鑑賞する。
日常的な静かな動きから、ダイナミックな躍動感に溢れた動きに至るまで、多種多様の姿勢が嗜好の対象となる。
一瞬を静止させると言う点では『時間停止』とも通じる物があると考えられる。

例1…携帯のメールをチェックする・コーヒーカップに口を付ける・ノートPCに向かう(静的な姿勢・日常)
例2…全力で駆ける・ハイキックを放つ・殴りかかろうとする・弓を引く・剣を振るう・杖を掲げる(動的な姿勢・戦闘を想起)
例3…抱き合う・手を前に伸ばす・両腕で身体を庇う・頭を抱える・指をさす(何者かの存在があった事を示唆する姿勢)

また、静止した事で生ずる不自然さも同様に嗜好の対象となる。

例1…手の形が何かを握り締めた物になっているのに、そこには何も握られていない彫像(形状的な不自然さ)
例2…全力で走る姿の彫像の場合、片足だけで完全に自立している(物理的な不自然さ)

『切り取られた一瞬』を鑑賞すると言う点では、写真にも通じる部分が少なからずあるのではないでしょうか。
ですが、平面上の物である写真に対して、彫像は実体を持ってそこに存在します。
お気に入りの娘さんを彫像と化す事で固定し、気の赴くままにあらゆる角度から眺めて時間を過ごす……
こういう願望は、意外と潜在的な所で持たれている方は多いと思うのですが、如何でしょう(笑)

身近な例として。ドラえもんでお馴染みの『野比のび太』を挙げたいと思います。
彼にはしずちゃんという意中の女性がいる訳ですが……

『マッドウォッチ』で時間を止め(厳密には時の流れを遅くした)「このまま君の顔をぽかんと眺めていても良いじゃないか」と語りかけたり
『瞬間固定カメラ』で静止させられた彼女に対し「このままかざっておきたいね」と感想を漏らす彼に、私は心の底から共感を覚えるのです(笑)

彼に共感を覚えた方、少なからずいらっしゃるのでは?


●最後に

以上、駆け足ではありましたが、自分がこの趣味の何を楽しんでいるかを書かせて頂きました。
少しでもこの趣味をご理解して頂ける材料になれば幸いです(笑)

中々表に出ないこの趣味をご紹介して頂いた事、GIGAZINE様には心より感謝を申し上げます。
今回のような形で取り上げて下さった事で、このフェチのお話もぐっとしやすくなるんじゃないかと思う次第です。
今回は誠にありがとうございました!
  1. 2009/03/22(日) 20:04:27|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■一月遅れのコミケ顛末記(4)

●聖地到着

ブースにいらっしゃったのは時報の人さん・的場無為さん・ゆうきさんのお三方。
私たちが到着した時は、時報の人さんとゆうきさんがスケッチブックの作業中、的場さんが売り子さんを務めていらっしゃいました。
そこにいる全員が固め界の重鎮という、これ以上ない状況!
小心者の私はご挨拶の前からすっかり縮こまってしまいました。
それでも何とかご挨拶をさせて頂いたのですが、果たしてきちんとご挨拶が出来ていたでしょうか(笑)

飄々と明るくご対応して下さった的場さん、フェチである以前に『大人』としての貫録を備えていたゆうきさん。
そして絵に対する実直な姿勢がリアルでも表れていた時報の人さん。
目の前にいたのは、正にチャットでお世話になっていた時と全く同じ印象の方々でした。
改めて『ご本人がいる場所に来た』事を、その時実感した次第です。

チャットは文字だけのコミュニケーションだとよく言われます。
残念な事に、そこには否定的なニュアンスも少なからず含まれているでしょう。

ですが、その文字はモニターの向こうに居る方が入力された物というのも確固たる事実です。
やはりそこには『人格』『お人柄』といった物がしっかり反映されているのではないでしょうか。
自分もはばかりながらチャットの管理をお預かりしている身。常日頃から誠実なご対応を心掛けねばなりませんね。

時報の人さんに関しては、事前にカモノハシさんから「会われたらきっとビックリされますよ~」と言われていたのですが、正にその通りでした。
何と言う整ったマスクとスタイル。
天は二物を与えずとか言いますけど、あれは嘘ですね。確信しました(笑)

●ねんがんの どうじんしを てにいれたぞ!

重鎮の皆様にお会いできた感動に打ち震えていたのですが、当日の目的を忘れる訳にはいきません。
目の前にあったのは『固め屋本舗2』『固め屋本舗3』『ゆうきさん特製CG集』の三点!
少し前までDL販売でしかお目に掛れないと思っていた物が、全部私の目の前にあったのです!

当然の如く全て購入。優柔不断気味な私ですが、この時は一切迷わずに行動が出来ました(笑)
……ですがあまりに頭が沸騰してしまっていたのか、売り子の的場さんにお渡しする金額を間違えてしまうという事に……
まさかコミケに来てまでオチを付ける事になるなんて、顔から火が出る思いでした(笑)

●一期一会

カタメイトさんのブースでお会いしたのは、ゆうきさん達だけではありません。
やはり以前からチャットでお世話になっております、七瀬迅雷さんともお会いする事が出来ました。

しかし残念な事に、その時は上手く時間を取る事ができず、簡単にご挨拶をするだけに留まってしまいました。
後でまた会えるかなと思っていたのですが、結局七瀬さんとはそのままに……固め界での大先輩と慕わせて頂いている方ですので
やはり直接面と向かって、しっかりとご挨拶をしたかったですね。
一回一回の出会いって、やっぱり貴重な物です。

(七瀬さんには後日チャットでご挨拶させて頂きました。温かくご対応して下さいましてありがとうございます)

●メンタルな収穫もあるのです

カタメイトさんにひとしきりご挨拶をした後、私とカモノハシさんは第二の目的地へ。
固め系ADVを作られた『架空組曲』さんのブースへ向かいます。

ですが。

目当ての固め系ADV『カタメルタマシイ』は開始後数十分で完売してしまったとの事。
うーん、残念……とは確かに思いましたが、会場に着いたのがお昼過ぎでしたのでそれも致し方ありません。。
それよりも『固め系の作品が即完売した』という事。
個人的な物欲が満たされる事よりも、私はこちらの方が大きな収穫の様に思えました。
つまりはそれだけ、同好の志の方が増えているという事ですからね。

固め系サークルをハシゴできるなんて、ちょっと前の自分では想像も付かなかった事。
固め界隈の盛り上がりをここでも直に確かめられて、実はホクホクしていたのです。
(後日、カタメルタマシイはDL販売で購入させて頂きました。ツボを押さえた素敵な作品でしたよ~)


●基本的にヘタレです

それにしてもコミケ会場は広い。
ただでさえ人の圧倒的な数に目を回しているのに、体力的にもヘタレな物ですので、すぐにくたびれてしまいます。
更に会場内を歩かれる方に7回連続でぶつかったりしてしまい、もうふらふら。

途中、何度もカモノハシさんはこちらを気遣って頂きまして、その都度休憩を取るように勧めて下さいました。
こういう気配りがサラリとできる、そこに痺れる憧れるんです(笑)


●コミケ終了、そして

15時ぐらいを過ぎたあたりから、流石のコミケも人通りが少なくなってきました。
これまで人を避けるようにして歩いて来たのですが、それも必要がなくなるぐらい。

私もカモノハシさんも目的の物は手に入りましたし、コミケでできる事は全て終わりました。
この後には第二の目的、オフ会への参加が待っています。
コミケ終了の数十分前にカタメイトさんのブースに再び向かうと、そこに結城利也さんといチノマキさんがいらっしゃいました。
お二人はオフ会参加者の取りまとめを行って下さっていたのです。

待ち合わせの場所でお二人とご挨拶、お話をしている間にコミケは終了。
あちらこちらから拍手が聞こえてきましたので、私も便乗させて頂きました(笑)
お祭に参加できた一体感が味わえる、ちょっと素敵な瞬間でした。

もう一つ印象に残っていたのは、待ち合わせ中に飲んでいたミネラルウォーターのペットボトル。
コミケにもなりますと、ペットボトルですら萌え仕様になるんですね……!

今回はここまでとさせて頂きますね。
長くなりましたが、次回で完結予定です(笑)
  1. 2009/03/15(日) 16:30:00|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連動サイトに登録してみたり

テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー 2 特典 スペシャルDVD付きテイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー 2 特典 スペシャルDVD付き
(2009/01/29)
Sony PSP

商品詳細を見る

『ステータス異常に石化が無い』
頭の中では割り切っているつもりなんですが、この事実がどうにも引っかかってしまっていて
なかなかSO4に手が出せない日が続いてます。

こういうと誤解を招きそうなのですが、実はそこまでショックを受けてる訳でもないはずなんですけどねー。
この辺りはまた別のお話という事で(笑)

その代わりと言っては何ですが、ここのところゲームはレディアントマイソロジー2(以下マイソロ2)に専念してました。
数日前にメッセで『PARANOIA』の夜寒鶴さんとお話しさせて頂いたのですが
その時に『連動サイトでDLできる装備品には、のけ反り耐性のスキルが付いているらしい』という耳寄りなお話を聞かせてもらったんですね。
『のけ反らない』ということは、石化攻撃を喰らってもポーズがそのまま……つまり色々とポーズが付けられるのでは!と盛り上がりました(笑)

そういう素敵なアイテムが手に入るのなら、是非とも連動サイトにアクセスしてみなければ……
と息巻いていたのですが、ここでまた大きな勘違い!
連動サイトにアクセスするには別売りの無線LANが必要に違いない』と勝手に思い込んでしまい
近所のゲームショップから大阪駅前のヨドバシカメラまで『別売りの無線LAN』なるものを一生懸命探していたのです。

……ご存知の通り、PSPにはそもそもワイヤレスLANが内臓されてます。
普通に家から接続すれば済む事なのに、ありもしない『別売りのLAN』を求めて数日間歩き回った、というお話でした(笑)
探し物は家にあったなんて、まるで『青い鳥』のお話のようでもありますが……これ、そんな美談でもないですよね(笑)

さて、紆余曲折の末にPSPでネットに接続。マイソロ2の連動サイトにめでたく(?)アクセスする事ができました。
せっかくアクセスできたんですから、やっぱり企画は目いっぱい楽しみたいもの。
自分の分身もDL傭兵として登録してみましたので、宜しければお持ち帰りして頂ければ幸いです。
DL情報は以下の通りです。

ユーザー名:みつくりざめ
DL傭兵名 :ナクリ(LV60・剣士・女性)


思いっきり趣味が解る、ちょっときつそうなお姉さんでキャラメイキングをしております。
装備は下位レディアント装備。見れば見るほどセイバーさんみたいで可愛いんですよね(笑)
低レベルゆえに世界樹やEXダンジョンでは正直足手まといになると思いますが
気の向いた時にでも石化してやって、ついでに鑑賞して頂ければ、一人のフェチとしてこれほど嬉しい事はありません(笑)

今回はちょっと宣伝でした。
固めフェチなディセンダーの皆々様、どうか家のナクリを可愛がってやって下さいませ~。

  1. 2009/03/05(木) 23:49:30|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

只今のチャット参加人数

只今のお絵かきチャット参加人数

プロフィール

みつくりざめ

Author:みつくりざめ
石化に惹かれて早数年。
思うことを徒然と書き溜めていけたらと思います。

※メールフォームを設置しました。
ご連絡等がございましたら以下のリンクよりお願い致します。

FC2メールフォーム

twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。