Perspective

石化・凍結などの所謂『固め系』の話題について、アレコレ呟きながらじわりじわりと更新されるブログです。脱不定期更新を目指してSSにも現在挑戦中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

■イースI&IIクロニクルズ■

イース I & II Chroniclesイース I & II Chronicles
(2009/07/16)
Sony PSP

商品詳細を見る

これまでに幾度となくリメイクされてきたアクションRPGの古典的名作。
今回は2作品を同梱して、PSPでの発売となりました。

イースシリーズを一つの物語として見れば、ⅠとⅡは前後編的な関係な訳でして
本当なら切っても切り離せない物だと思うんですが、石化イベント、それもヒロインが石化する2が一番の目当てになって来ます。
石化の有無を心配しなくていいなんて、最近じゃなかなか贅沢なお話になってきましたよね。

という訳で、作品のタイトルにはⅠとⅡが掲げられているんですけれど、当ブログは石化系の話題を扱うという事もありまして
今回は2のみ言及させて頂きます。悪しからずご了承くださいませ。
……現時点では2しか遊んでないだけなんですけどね(笑)

公式サイトはこちら

……でもこのURL、なんだかシリーズ第12作目が発売されたようにも見えますね(笑)

●管理人のプレイ遍歴

発売以来から何度もリメイク・移植されている作品ですので、直撃世代ではない私もイース2は何回かプレイしてます。
過去の実績は以下の通り。

・セガサターン版(ファルコムクラシックス2)
・WINDOWS版(イース2エターナル)

どちらもかれこれ10年ぐらい前の物ですねー。
エターナル以降もや完全版やPS2版、最近ではDS版もあるのですが、いずれもエターナルの移植という事でプレイはしていませんでした。
今回は久々のプレイになります。何だか感慨深い。

2作品ともリリアの石化グラフィックは個人的に満足の行く物だったんですが、特にお気に入りなのはサターン版でした。
眼を見開いたままの表情と言い、微かにザラついていそうな石の質感表現と言い、今の目で見ても非常にクオリティの高い逸品です。
石化前と石化後で髪や衣装が左右反転してるのはご愛嬌としてですね……(笑)

セガサターンというハードは既に懐かしの品にこそなっていますが、Amazonさんを見ていると中古品の在庫はある模様。
お時間やお財布に余裕のある方は、できれば一度は触れてみて頂きたい作品です。

エターナル版は石の硬さを感じさせるエッジの効いたな線や、静かに眼を伏せた状態で石化している姿自体は良かったのですが
髪だけが他の部位と比べて濃い色になってるのがちょっと残念でした。
エターナル版のリリア自体は、歴代リリアの中でも特に儚げな雰囲気を持ってて好きなんですけどね。

さて、今回のPSP版。
果たしてマイフェバリットのサターン版を越える事が出来るのでしょうか……!?

●正に一粒で二度美味しい

今回最大の注目点は『キャラクターのグラフィックを選べる』という点です。
新規描き起こしとなる『クロニクルズモード』とPC版イースⅠ&Ⅱ・完全版の移植となる『オリジナルモード』
この二つのどちらかを、スタート時に選んでプレイする訳ですね。

つまり、当該イベントでの石化リリアのグラフィックも2種存在するという事になります。
同一人物の石像、しかしながら雰囲気の異なる石像を一本のソフトで鑑賞できる……これって、相当嬉しい仕様ではないでしょうか。

石化した同一人物を何度も眺めるという点では、管理人もSO3でマリアさんを数百回単位で石化させて遊んだ……
……という例もあるにはあるんですけど、それはあくまで同じモデルを、ポーズを変えて眺めている訳ですからね。

管理人はPC版をプレイ済でもありますので、今回は迷わず『クロニクルズモード』を選びました。
個人的には、クロニクルズ版リリアは非常にツボなんです。
オリジナル版の大人びた風貌も良いんですが、クロニクルズ版のは快活そうなイメージを受けるんですよね。
リンゴを手渡す時の歯を見せる笑顔なんて、これがまた可愛いんですよ~。
あと鎖骨。

ただ、惜しむらくはプレイ途中のグラフィック変更が出来ない事。
仮にグラフィックが変更出来ていたのなら、2種のグラフィックを相互に切り替えて利き酒みたいに石化を楽しめたかと思うのですが……
これは次回以降の移植に期待を掛けますね(笑)

●石化イベントまでEASYモードで駆け抜ける

今回は石化イベントをできるだけ早く見る、という理由からEASYモードでプレイしました。
その為かアドル君の攻撃判定がやたらと広く、ぶつかる魔物という魔物を見事にバラバラに引き裂いてくれます。
なんだか北斗神拳でも使ってるみたいで、ある意味とても心地良い(笑)

その為もあって、目当てのリリア石化イベントまでスムーズに進める事が出来ました。
最初からⅡをプレイできる仕様になってるのが一番大きいですけどね。
私の場合だと、リリアが石化した時点でのプレイ時間は3時間50分でした。ご参考までにどうぞー。

●石化イベントを見終えて

ポーズや表情はエターナル版を踏襲した物となっています。
眼を伏せた表情、胸元に添えるように置かれた手が特徴的ですね。

色彩は一見するとモノクロ風に見えますが、明色と暗色のコントラストが強く付けられている為
石化した衣服等の凹凸がくっきりと浮かび上がって見える、実にメリハリの効いた石像となっております。
リリアの近くには火の灯った松明が置かれていますが、その照り返しが表現されているようにも思えるんですよね。
こういう臨場感のある石化表現というのも、なかなか珍しいかも知れません。

マイベストのセガサターン版と比べた場合、確かに『石らしさ』では一歩譲る所こそありますが、クロニクルズ版の石化リリアは
十分クオリティの高い石像に仕上がっているのでは、と考えております。

また、リリアが石化した直後は全てのBGMが鳴り止みます。
部屋を出るまでは松明がパチパチと爆ぜる音しか聞こえませんので、その音を聞きながら一人静かに石像鑑賞に浸るのも風流かと……


●総括

クロニクルズ版石化リリアも、十分期待に応えてくれた逸品だと思っております。
エターナル版と同様に髪の色が他よりも濃くなってるのは些か残念ですが、手堅い仕上がりの石化バストアップが見られるのはやはり嬉しい。
石化イベント自体、昔からずっと希少な存在ですからね(笑)

イベント到達までにかかる時間も短いですので、お手軽に楽しめるのもポイントです。
特にイースシリーズを未プレイの方は、この機会に一度触れてみてはいかがでしょうか?

ただ惜しむらくは、EDでのフィーナ&レアが石化しているかどうかがはっきりしない所。
石化しているようにも見えなくもないですし、普通に眼を閉じて眠っているようにも見えますし……うーん。


●四天王だって結成できます

PCエンジン、セガサターン、WINDOWS、そしてPSP……
石化リリアのバストアップも、今回で遂に4代目になりました。

それぞれ特色が分かれていますので、同好の方の間でも好みが分かれて来るかと思います。
それこそ利き酒を楽しむように『どのバージョンの石化リリアがお気に入りか』みたいな話題が盛り上がったりしたら
フェチの一人としては嬉しいですね(笑)

以上、イースI&IIクロニクルズの雑感でした。
スポンサーサイト
  1. 2009/07/20(月) 00:56:38|
  2. 雑感(ゲーム)
  3. | トラックバック:0

■テイルズ オブ ハーツ(アニメムービーエディション)■

テイルズ オブ ハーツ アニメムービーエディション 特典 ドラマチックDVD付きテイルズ オブ ハーツ アニメムービーエディション 特典 ドラマチックDVD付き
(2008/12/18)
Nintendo DS

商品詳細を見る

■テイルズ オブ ハーツ(アニメムービーエディション)■

08年12月にDSで発売された、テイルズシリーズのマザーシップタイトル11作目。
アニメムービー版とCGムービー版の二種が発売された、というのも記憶に新しいかと思います。

管理人が購入したのは、表題にもあります通りのアニメムービー版。
売れ行きではこちらがCG版を大きく引き離したようですが、実を言うと結構悩んだんですよね。
通称『三丁目ゴジラ』等を手がけた㈱白組が関わっている……という辺りが特撮好きのツボをじわりじわりと押して来たのですが
結局は取っつき易いアニメ版を選んだ次第です(笑)
ステータス異常を楽しむ分には、アニメでもCGでも変わりは無いんですけどね。

公式サイトはこちら

●石化の概要

石化の表現自体はやはりオーソドックスなモノクロ化ですが、久しく3Dでの石化を見慣れてきただけに
ドット絵での石化はやはり眼に新鮮に映ります。

石化が可能な女性キャラはコハク・ベリル・イネスの3名。
3名とも目を閉じた表情で固まるのが印象的です。
石化できる人数は多ければ多いほど良いんですが、そんな事を言い出すとキリがありませんしね(笑)
RPGで石化可能な女性キャラの人数としては、個人的には十分満足の行く物でした。

2周目以降にアクセサリ等の引き継ぎを行えば、2度に渡ってボスとして登場するペリドット嬢も石化出来るはずですが……
こちらは管理人が実践してませんので、ここでは言及を控えさせて頂きますね。悪しからずご了承ください(笑)

ポーズはダメージ状態で固定されています。
ダメージポーズ自体は『俯き』と『のけ反り』の2種類があるのですが、石化時のポーズは『俯き』の1種類に限定されます。
このゲームの女性陣は『のけ反り』のポーズが総じて色っぽいと思ってますので、これはちょっとだけ残念。

あと、固め系のステータス異常に『停止』という時間停止ネタがあるみたいなんですが、どの敵が使うのか未だに解りません。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、宜しければご教示下さいませ。

●キャラ別雑感

・コハク

恐怖と疑念の塊になった時は、どんだけ斬新なヒロインなんだと突っ込んだ物でしたが……
マイ味噌を携帯する真性のミソラーだったり、素の口調が地域色満点だったりと
味付けの濃いテイルズの歴代ヒロインの中でも、事更に異色の存在感を放つ娘さんでした(笑)
ぱっつん前髪や大きく露出したナマ脚も、個人的には十分ツボだったんですけどねー。

黒髪キャラの宿命か、石化後はどうしても『単なるモノクロ』に見えてしまうのが苦しい所です。
モノクロ化がゲームでの石化表現として定着しているのは、私も重々承知しているのですが。うーん。

とは言え、前述の大胆なナマ足が石の塊と化すというビジュアルの求心力たるや、凄まじい物があるのも事実。
『キックの鬼』という血生臭い称号を持ち、時として雪崩をも引き起こした脚。
それが今は女の子らしい内股姿勢で固まって動かない……ギャップが堪らないです、これは(笑)

一つ欲を言えば、前半の感情が欠けた状態と、復調を果たした後半とで石化時のポーズが違っていればなお嬉しかったですねー。
これは妄想で補えば済む事ですので、素直にそうします(笑)

・イネス

今回のお姉さんポジションにいるイネスさん。
銀髪にマゼンタ系の衣装というカラーリングもあって、石化後の石らしさは随一かと思います。
専用武器が身の丈程の大剣というのに加え、本人が言う所の『敢えて揺らしている胸』をも備えた石像はボリューム感も満点!
情報量が非常に多い石像ですので、細部まで目を凝らしてみるのが楽しいのです(笑)
大きな胸に目が行きますが、細かく描き込まれたおへそもまた必見ですよー。

痛みを堪えるように硬く目を閉じ、それと同様に強く歯を食い縛った無念の表情……
豪放磊落な普段の姿を見慣れていればいるほど、この苦しげな表情にグッと来るという物です。
わなわなと震えているかの様な手付きも可愛らしい。

また、アクセサリの『ハッスルベルト』を装備すると武器のグラフィックが大剣から『パイプ椅子』に変わりますので
その状態で石化させてみるのもまた一興でしょう。
パイプ椅子を肩に担いだお姉さんの石像という、相当にシュールな逸品を楽しめます(笑)

伊藤静さんの演じるお姉さんを遂に石化できた、というのが個人的に最大の収穫でした。
ワイルドアームズ5で味わった無念が、ここに来てやっと……!

・ベリル

ナマ足のコハクにお姉さんの貫録抜群なイネスさん。
この二人を差し置いて、管理人が一番お気に入りなのが彼女……巨匠ことベリル嬢でした。
どこからどう見ても10代前半……と言うか、10歳児みたいな外見や、それに相応しいあまーい声を持ちながら、実年齢は18歳。
これでティアさん(16)やクロエさん(17)よりも年上だというから恐れ入ります。正に現代の奇跡!

「99%死んだ」「このまま自滅を待とう」などなど、やたらプレイヤー目線のスタンスが非常にツボでした。
操作キャラにしてあちこち調べさせた時のリアクションも微妙に白けてるのが可笑しくて(笑)

さて、色気の無さは本編でもお墨付きを貰う程に定評がある巨匠なのですが、実は女性陣で唯一『絶対領域』を完備している娘さんでもあります。
モノクロ表現だからこそ余計にくっきりと浮かび上がる、白い石のふともも……!
主張の薄い胸を補って余りあるツボポイントだと、当ブログでは力いっぱい主張したいですね(笑)
芸術の探究者である彼女自身が『石像』という究極の芸術品と化してしまうなんて、なかなか浪漫の有るお話じゃないかと思います。

また、以下の条件を満たすと、戦闘終了後の掛け合いが石化に言及した特殊な物になります。

(1)ベリル・ヒスイの両名がパーティにいる。
(2)ベリルが石化した状態で戦闘を終了させる。

このゲームにおける石化が『意識あり』の物である事が良く解る貴重なやり取り、巨匠の微笑ましいリアクションと併せてお楽しみください(笑)


●鑑賞時の注意アレコレ

このゲームで石化される事で生じるデメリットは『石化中に攻撃を受けると被ダメージ量が大きくなる』という事です。
石化の最大の特徴である『全く行動が出来なくなる』という点ではないんですね。
またこのゲーム、攻撃を喰らった時点で石化が解除されてしまうという非常に厄介な仕様になっております。

目当てのキャラがうまい事石化しても、敵はこちらの事情なんてお構いなしに攻撃を仕掛けてきますので
石化された瞬間に攻撃を喰らって即解除……なんて事はしょっちゅうです。
幸いSTARTボタンで一時停止が出来ますので、じっくり鑑賞するならSTARTボタン捌きを鍛えるのは必須だと言えましょう(笑)
Xボタンでメニューを出すのも手ですけど、これだとメニューで折角の石像が隠れてしまいがちですしね。

また、ベリルををパーティに入れている場合は、あらかじめ術技メニューを操作して
ステータス上昇系の補助魔法(例:シャープネス・レジスト等)を自動で使わないように指示しておきましょう。
そうでないと、せっかく石化させてもステータス上昇を示す色が石像に混じってしまい、石らしさが損なわれてしまいます。
ステータス上昇の効果時間は5秒間と短い物の、石化の持続時間も同様に短いので決して無視できないのです。

●石化ポイント

実の所、殆ど戦闘では石化される事無くメインシナリオをクリアしてしまってました。
自分が確認できた、石化攻撃を使う敵とその出現地は以下の通りです。
実際には、もっと石化攻撃を使う敵がいそうな物なんですが……

・デザートメデューサ(落命の荒野)
・サルビア(帝国軍リグナトル駐屯地・2回目)

『落命の荒野』が今回初の石化ポイントになるかと思います。
私の場合だと、そこまでの到達時間は約11時間ほど。
私のプレイは結構ゆっくりですので、多くの方はもう少し早めに到達できるのではないでしょうか。

また、デザートメデューサは石化成功率は低い物の、こちらとのレベル差に関係なく石化させてくれる逸材です。
(管理人の平均レベルは現在69です。ご参考までに)
エンカウントも普通にできますので、手軽に石化鑑賞を楽しむなら落命の荒野をうろつく事をお勧め致します。

デザートメデューサの石化攻撃は口から吐き出す毒液。
吐き出す前に必ず大きく体を後ろに反らしますので、それを参考にタイミングを計って下さい。
使用頻度ははっきり言ってまちまちですが、操作キャラとの距離が離れていると比較的頻度が上がるみたいです。

●総括

鑑賞方法に少々の慣れが必要になりますが、それさえ気にならないのであれば十分に石化も楽しめる逸品だと思います。
細密に描き込まれたドット絵での石化、改めてその良さを再認識して頂ければ嬉しいですね。

さてこのゲーム、RPGらしくステータス異常としての固めは楽しめるのですが
本題はメインシナリオにあると思うのです。その続きは次回の記事に書いてみますね。

思いっきりネタばれになりますので、その点は今の内にご注意を申し上げます(笑)
  1. 2009/07/13(月) 23:47:02|
  2. 雑感(ゲーム)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

只今のチャット参加人数

只今のお絵かきチャット参加人数

プロフィール

みつくりざめ

Author:みつくりざめ
石化に惹かれて早数年。
思うことを徒然と書き溜めていけたらと思います。

※メールフォームを設置しました。
ご連絡等がございましたら以下のリンクよりお願い致します。

FC2メールフォーム

twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。