Perspective

石化・凍結などの所謂『固め系』の話題について、アレコレ呟きながらじわりじわりと更新されるブログです。脱不定期更新を目指してSSにも現在挑戦中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新規リンクのご案内(ナゾの石化凍結サイト)

新規リンクのご案内をさせて頂きますね。
石化や凍結を嗜好される方は日本に限らず海外にも大勢いらっしゃいますが、今回は台湾在住の方からリンクのお声を掛けて頂きました。

ナゾの石化凍結サイト

タイワンからのナゾさんが新たに開設されました、海石化凍結の情報系サイトです。
固体少女さんのお絵描き掲示板に、以前にタイワンからのナゾさんが投稿されたイラストも収録されています。
なお、海外のサイトではありますが、主に日本の作品に関する情報を取り扱われるとの事。
更に嬉しい事に、タイワンからのナゾさんは日本語でサイトを作成されていますので
言葉の敷居を感じる事無く情報を閲覧する事が出来ると思います。
※文字化けが発生した場合は、文字エンコードをUnicodeに切り替えると解決します。

まだまだ少数フェチではありますが、海外でも活動されている方を見るとやっぱり元気が出て来ますねー。
当ブログは妄想込みのレビューをこれまで書き綴って来た訳ですが、それらが少しでもお役に立っているのなら
これほど嬉しい話はございません。

以上、新規リンクのご案内でした。
スポンサーサイト
  1. 2011/06/26(日) 18:35:21|
  2. ご挨拶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シャドウ・ネゴシエイター 神魔の交渉人


シャドウ・ネゴシエイター神魔の交渉人 (角川スニーカー文庫)シャドウ・ネゴシエイター神魔の交渉人 (角川スニーカー文庫)
(2011/02/26)
みなみ ケント

商品詳細を見る

●作品の概要

ヒトの世界の裏側で暗躍する闇の隣人。
魔物・怪物・妖怪・物の怪。果ては魔人や邪神までをもひっくるめた人外の者達。
時として人類に牙を剥く彼らを力を持って殲滅するのではなく、あくまで隣人として平和的解決を図る――そんな『交渉人』の物語です。
公式サイトはこちら。
角川スニーカー文庫 シャドウ・ネゴシエイター 神魔の交渉人

なんと少女たちが石化した姿で待ち受けていた――!!

の辺りなんて、もうこれ以上無く期待を煽りに掛かってきてくれてますよね(笑)
本作品はメッセで教えて頂いたのですが、即日書店に走って買って来た次第です。

超越存在に対抗する異能集団……というのは非常にオーソドックス設定なのですが、主人公が所属するのが戦闘集団ではなく『交渉班』なのがミソ。
思いっきり剣士の娘さんも主要登場人物にいるんですが、彼女もあくまで『護衛』役なんですね。
本作品では連続少女失踪事件の犯人が石化能力を持つ少女である事は冒頭から解るのですが、交渉を行うに当たって以下の様なプロセスを踏んで行く訳です。

「犯人の正体は何者か?単独犯か?複数犯か?」
「犯人が要求している事は何か?」
「犯人が恐れている事は何か?」
「犯人と交渉人の利害はどこで一致するのか?」


ザクっとした感じですが、だいたいこんな流れですね。
事前に収集した情報、あるいは犯人との対話の中からキーワードを抜き取り、犯人像の実態について考察を重ねていく……
こうしたプロファイリングに大きなウェイトが置かれている訳ですが、石化能力者の思考パターンについて登場人物がアレコレと討議する過程の描写には唸らされました。
被害者を石化する目的が『鑑賞』というのは、同好の方々の間では最もポピュラーな考え方だと思うのですが、そういう嗜好を持たない主人公たちから見れば、それはにわかには理解できない驚くべき倒錯した考えだった……という辺りは、この趣味が特殊性癖である事を再認識させられた様な気分もします(笑)

以下、少しネタバレを含みますので宜しければ追記からどうぞ。

続きを読む
  1. 2011/06/19(日) 22:17:24|
  2. 雑感(書籍)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

バッドエンドについてちょっと考える

今週はちょっと雑記です。
先々週ぐらいの事になるんですが、こちらを買ってプレイしてました。

SEGA THE BEST 街 ~運命の交差点~ 特別篇SEGA THE BEST 街 ~運命の交差点~ 特別篇
(2007/08/30)
Sony PSP

商品詳細を見る

サウンドノベル不朽の名作との評判も高い『街』のベスト版!
本当はずーっと前から一度は遊んでみたかったのですが、なかなかこれがお目に掛かれなかったんですよね。
ところが世の中解らない物で、近所のお店にある日ポンと置いてあった訳です。
オリジナルのセガサターン版とは音源が違ったり、一部のえっち&グロ描写がカットされたりと若干差異はあるんですが、そんな事はこの際気にしません。

8+α人の主人公の物語をザッピングしつつ、全ての物語を完結に導くというシステムで高い評価を獲得した『街』ですが
所々に現れる選択肢を選び間違えると、当然のように物語はBADENDを迎えてしまいます。
その数は何と122種類!子供の頃からADVでバッドエンドに向かう時の『ああ、こりゃ詰んだな』雰囲気が大好物だった私には、これ以上無く魅力的に映る数字です(笑)
そのBADENDもそれぞれの主人公が命を落とすような直接的な物を初めとして、一見するとBADとは言えない様な物から
果ては地球が滅亡する様な理不尽極まるものまで、本当に豊富なバリエーションが楽しめました。
(3割程が渋谷大爆発のような気もしますが(笑))

さて、BADEND。
まだ見ていない物もあと10個ほどあるんですが、バリエーション豊かな『街』のBADENDは
ザクっとした感じですが大きく3種類に分類できるのではないかと思ってます。

1……直接的BADEND
主人公が命を落とす、または行動不能な状況に陥って物語が完結してしまう。
(例:爆弾の爆発に巻き込まれる・精神が錯乱し蟲になる)

2……婉曲的BADEND
主人公は無事だが、本来の目的を果たす事が出来なくなる、あるいは目的を見失ったりしたまま物語が完結する。
(例・列車の乗り継ぎで稚内に着く・プロポーズしようとした相手が強盗に射殺される)

3……超越的BADEND
本来の物語とは全く異なる展開・結末を迎えてしまう。
(例:地球が滅亡する・異星人の襲撃に遭う)

この分類、石化系の物語で展開してみるとどんな感じになるでしょう?
石化=限りなく死に近い状態な訳ですから、主人公が石化するという場合なら1の直接的BADENDが一番しっっくり来そうではありますよね。
かく言う私も、主人公の娘さんが物言わぬ石像と化して完……というフェチ的な王道展開は大好きですし(笑)

でもそうなると気になって来るのが、2の婉曲的BADENDや3の超越的BADEND
石化を絡めたこれらの結末がどんな物になるのかを考えてみたんですが……お恥ずかしい事に私の発想ではまだ明確なイメージが浮かばないんですよね。
幅広く物語の結末を妄想する事が出来れば、より石化について考えるのも楽しくなって来るはず。
変な言い方ではありますが、もっと柔軟に石化を考えて行きたいなあと思うみつくりざめでした。

  1. 2011/06/12(日) 21:43:27|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドラえもん(29)(8)

まず初めに、先週は内容がよく解らない上に不安を煽る様な内容の記事になってしまい、大変お恥ずかしい限りです。
実生活の方で少しショッキングな事が起きてしまい、まともな更新が出来る状態では無かったとは言え
もう少し良いお伝えの仕方があっただろうと反省しております。
もしもあの文章でご心配になられた方がいらっしゃいましたら、誠に申し訳ございませんでした。
今は何とかなりましたので、取りあえずの所は大丈夫だと思います。

しかし、色々と考えている内に『なぜ自分は今の嗜好を持つに至ったのだろう』という事にまで思考が及んだりもしてました。
拙いながらブログもそれなりの期間続いている訳ですから、この機会に内省してみたいと思います(笑)

以下取りとめも無い雑記です。
宜しければ続きからどうぞ。

続きを読む
  1. 2011/06/05(日) 23:45:23|
  2. 雑感(書籍)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

只今のチャット参加人数

只今のお絵かきチャット参加人数

プロフィール

みつくりざめ

Author:みつくりざめ
石化に惹かれて早数年。
思うことを徒然と書き溜めていけたらと思います。

※メールフォームを設置しました。
ご連絡等がございましたら以下のリンクよりお願い致します。

FC2メールフォーム

twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。