Perspective

石化・凍結などの所謂『固め系』の話題について、アレコレ呟きながらじわりじわりと更新されるブログです。脱不定期更新を目指してSSにも現在挑戦中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コレクションルーム@週刊トロ・ステーション

先週から順延したネタで更新させて頂きますね。
画像6枚とミニSSを付けてみた所、今回の記事は相当な長さになっております。
宜しければ追記からご覧下さいませ。

※平成23年4月17日 キャラ名を追記の最後に記載しました※


一体どこをどう進んでこの部屋に辿り着いたのか、まるで思い出す事が出来ない。
気が付けば、私は周囲をコンクリートの壁に囲まれた部屋にいた。

一言で言えば、異様な部屋だった。
家具や照明と言った生活を感じさせる要素は何も無く、その代わりに何人もの女性が壁面に沿って並んでいる。
いや、女性というのは語弊がある。この部屋にいる女性たちは、誰一人として身動き一つしていないのだ。

週刊トロ・ステーション - 2011_ 4_10 16_36_41

――なんだ、ただのマネキン置き場だったか。
最初はそう思おうとしたが、すぐにこの部屋の奇妙な点に思い至ってしまった。

週刊トロ・ステーション - 2011_ 4_10 16_38_51

例えばこの古めかしい軍服に身を包んだ少女。
眉を吊り上げ、こちらを非難するように指を突き出している。
どこに展示する予定かは知らないが、マネキンにしては少々演技過剰ではないだろうか。
今にも怒声が聞こえて来そうな表情は、私の知るマネキンとはどうにも異質な物のように思えてならない。

週刊トロ・ステーション - 2011_ 4_10 17_03_29

軍服姿の少女がいたと思えば、そのすぐ近くには随分と系統の違った姿の少女がいる。
フリルやリボンが目を引く、ひらひらとした可愛らしい衣装。
美しい宝石で装飾された杖を持っている姿は、ファンタジー世界の魔法使いを彷彿とさせてくれる。
違和感を覚えたのは青い服を着た少女。どうして腰のリボンが風になびく形で固定されている?
片足を上げたポーズなのに、何の支えも無く自立しているというのもおかしな話だ。
楽しそうに笑っている表情なのに、見れば見るほど言葉にできない不安感がむくむくと頭をもたげて来そうだ。

週刊トロ・ステーション - 2011_ 4_10 17_24_56

最も異彩を放っているのが、この少女だ。
全身が水晶と一体化しているような奇妙な、そして余りにも美しい姿。
『この世の物とは思えない』という言い回しがあるが、この言葉がこれ程までに似合う物もそうそう無いだろう。
こちらを蔑むような眼差しも、思わず魅入られてしまうような錯覚を覚えてしまう。
――こんなマネキンが、あってたまるか。
そう思った途端、頭の中に一つの可能性が浮かび上がって来た。
ここに置いてあるのはマネキンなどではなく、例えば、そう……時間を止める等で連れて来られた本人そのものではないか?
先程も確認した魔法使いの様な衣装の少女。
彼女のリボンが不自然に空中で停止している事が、その証拠なのではないだろうか――

週刊トロ・ステーション - 2011_ 4_10 17_40_41

いやいや、まさか。そんなバカバカしい。
昔読んだ漫画の記憶がフラッシュバックしてしまったようだ。
時間を止める、それも個人個人に範囲を限定するなど、常識的に考えてできるはずがない。
無意識のうちに荒唐無稽な空想の世界に足を踏み入れそうになった事に気付き、私は苦笑した。
ふと目を向けると、可憐な衣装の少女が目の前にある事に気が付いた。
見れば、袖口から僅かに手が覗いている。

そうだ。触ってみれば解る事じゃないか。
制作の意図は良く解らないが、ここに置いてある物は精巧に造られたマネキンに違いない。
触ればプラスチックの硬い感触がするはずだ。そうすれば、私はこんなバカげた妄想を振り払う事が出来る。
幸いこの部屋には私しかいない。ちょっとぐらい触っても、誰も文句は言わないだろう。

週刊トロ・ステーション - 2011_ 4_10 17_41_25

少女に一歩近づいた。
全く身動きしないはずなのに、どうしてか彼女の息遣いが聞こえてくるようだ。
手が急に汗ばんで来るのを感じる。
なぜだ、なぜマネキンの手触りを確かめるだけの事に、私はこんなに緊張しているのだ。
いや、理由は解っている。単純に怖いのだ。
この少女の手に触れた時、プラスチックでは無く人の身体の柔らかさを感じたとしたら。
その時私は、果たして冷静なままでいられるのだろうか――

「……んみャ? ここにお客さんが来るとは珍しいみャ~」
袋小路に陥りそうな私の思考は、部屋の入り口の方向から聞こえて来た呑気な口調の声に中断させられることになった。

(続かない)

という訳で、先週から順延させて頂いたネタでした。
もう一発で解ると思いますが、画像は全て『週刊トロ・ステーション』のスクリーンショット機能で撮影した物です。
背景になっているのは『コレクションルーム』……有料会員限定の機能ですね。
トロのお部屋や庭に置けるアイテムの物置として使ったり、テーマ別にディスプレイを楽しめたりできる訳です。

基本的に当ブログはスクリーンショットは掲載しない事にしているのですが、週刊トロ・ステーションに関しては私的使用の範囲を超えない範囲に限り許諾する物とSCEさんの規約にはあります。
それならばと、今回はSCEさんのご厚意に甘えてスクリーンショットを掲載させて頂きました。

最初は「こんな機能が付いたのか~」ぐらいにしか考えてなかったのですが、試しにフィギュアを置いて
カメラを一人称視点にしてみるとあら不思議!そこそこの大きさだったはずのフィギュアが、まるで等身大の様に見えてくるではありませんか!

そうなるともう、フィギュアは『時間を停止させられて展示されている女性達』としか見えなくなってきます。
去年の実装から一度はネタにしてみようと考えていたのですが、今回ようやく日の目を見ました(笑)
全く身動き一つしない娘さんの周りをぐるぐる回るだけでも楽しいんですけどね~。

ただ、基本的にフィギュアはガチャガチャ……もといカプセルポンポンでしか手に入らないので、狙った物が必ず手に入る訳ではないんですね。
フィギュアに加えて等身大POP等もラインナップされているシリーズだと、フィギュアの入手率もそれだけ下がるのも悩み所。
更にカプセルポンポンは要PSNマネーですので、ご利用は計画的にしていく必要もあります。
(トトリ&ロロナがそれぞれ一発で出たのは本当に僥倖でした)

そんな訳で今回はちょっと敷居が高めですが、妄想にはこういう切り口もある……というネタのご紹介でした。
週刊トロ・ステーションはダウンロードとソフトの基本部分は無料ですので、ご興味を持たれた方は公式サイトでチェックして見て下さいね。
それでは、今回はこんな所で!

※平成23年4月17日追加

コレクションルームに飾ってあるキャラ名を記載してませんでしたので、遅ればせながら列挙致しますね。
ミクを起点に、以下の様に並べております。(カッコ内は出典元の作品名です)

初音ミク(Project DIVA)
鏡音リン(Project DIVA)
イーディ・ネルソン(戦場のヴァルキュリア2)
リエラ・マルセリス(戦場のヴァルキュリア3)
イムカ(戦場のヴァルキュリア3)
アンヴィエッタ(白騎士物語・ドグマウォーズ)
シェリア・バーンズ(テイルズ オブ グレイセス)
ソフィ(テイルズ オブ グレイセス※F版)
ラザリス(テイルズ オブ ザ ワールド レディアントマイソロジー3)
リタ・モルディオ(テイルズ オブ ヴェスペリア)
カノンノ・グラスバレー(テイルズ オブ ザ ワールド レディアントマイソロジー3)
カノンノ・イアハート(テイルズ オブ ザ ワールド レディアントマイソロジー2)
トトリ(トトリのアトリエ アーランドの錬金術師2)
ロロナ(ロロナのアトリエ アーランドの錬金術師)

週刊トロ・ステーション | プレイステーション® オフィシャルサイト
関連記事
  1. 2011/04/10(日) 23:35:57|
  2. 雑感(ゲーム)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<石化塗装で遊ぶ 凍土に佇む石像編 | ホーム | 更新順延です>>

コメント

Re:コレクションルーム@週刊トロ・ステーション

コレクションルーム@週刊トロ・ステーションのSS良かったです。
やはりコレクション系は良いですね。
しかし、ボーカロイド以外のキャラ、名前が分からない・・・。

3Dカスタム少女のmodでいいのが
揃っていたので作ってみました。
ttp://www1.axfc.net/uploader/He/so/320392
  1. 2011/04/16(土) 23:43:36 |
  2. URL |
  3. アッリア #-
  4. [ 編集 ]

ご無沙汰しております!コメントありがとうございました~

>しかし、ボーカロイド以外のキャラ、名前が分からない・・・。
展示してあるキャラの名前は最初から記載しておくべきでしたね~。
追記にキャラ名を追加しましたので、よろしければまたご確認頂けますと嬉しいです。

>カスタム少女
しっかりと頂きました!こんな風にネタを広げて頂けて、本当に感謝感激です(笑)
カスタム少女は随分MODの開発が進んでいるみたいですけど、トロクロまであるとは驚きました。それも完成度高い!

5枚目でトロがロロナのスカートを弄ってますけど、実はフィギュアをトロのお部屋に置いていると
スカートの中を覗き込むような動きをする事があったりします。本人は下心無く、単純に近くでフィギュアを眺めてるだけなんでしょうけど(笑)
クロは『ペロペロコントローラーで未来に生きる』とか宣言してるぐらいの超越ネコですので
こうしてミク本人が停止して目の前にいたら、スカートをめくるのは確実にやってると思います(笑)
  1. 2011/04/17(日) 21:07:54 |
  2. URL |
  3. みつくりざめ #halAVcVc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mitsukuri.blog35.fc2.com/tb.php/179-9a0459e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

只今のチャット参加人数

只今のお絵かきチャット参加人数

プロフィール

みつくりざめ

Author:みつくりざめ
石化に惹かれて早数年。
思うことを徒然と書き溜めていけたらと思います。

※メールフォームを設置しました。
ご連絡等がございましたら以下のリンクよりお願い致します。

FC2メールフォーム

twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。