Perspective

石化・凍結などの所謂『固め系』の話題について、アレコレ呟きながらじわりじわりと更新されるブログです。脱不定期更新を目指してSSにも現在挑戦中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

猫撫ディストーション

まず初めに、先週はなし崩し的に更新できないままになってしまって済みませんでした。
でもおかげで英気だけはしっかり養えたので、今週からはまたいつも通りに戻りますね。

さて、今回は表題にもあります『猫撫ディストーション』のご紹介になります。
前回の追記でちらっとネタフリはしていた訳なのですが……なかなか良い収穫がありました!
早速ご報告を……と思うのですが、モノが18禁ソフトである事と、結末部分に関する重大なネタばれを多々含みますので
それでも宜しければ以下の追記からご覧下さいませ。



猫撫ディストーション猫撫ディストーション
(2011/02/25)
Windows

商品詳細を見る


●イントロダクション
何となくタイトルで予想はしていたのですが、量子力学やロゴスといった難解な要素が絡む物語でした。
理科と算数が苦手なので文系……という私には、実に知恵熱がを発せさせられる作品です(笑)
故に、このゲームの物語における固めとは、基本的に非常に概念的かつ象徴的な物となっています。
ただ、その根幹にあるのが『家族愛』というウェットで情緒的な物である事がこのゲームのキモでしょうか。

●硬化対象と事象の概要
本作品は5種類のルートに分岐するのですが、その中で固めが見られるのは七枷結衣編です。
固まる事になるのは結衣編ヒロインである結衣と、主人公の七枷樹の二名。
どうもテキストを読む分には他の登場人物も固まったらしいのですが、一枚絵が表示されるのは結衣だけになります。

硬化は何に分類されるかと言いますと……これ、私が一言で言い表すのは難しいんですね。
テキストから拾える単語をひとまとめにすると、結衣たちは『エントロピー0という時間的な死と引き換えに永遠の形を得た無機物』に変化したと表現する事ができます。
時間が完全に停止した絶対零度の世界で『永遠に在る』というただ一つの意味しか持たない物。
決して壊れる事の無いそれは、石や結晶などというこの世界の言葉では言い表す事はできません。
私たちの認識している世界とはまた別次元の存在、と呼ぶのが妥当ではないでしょうか。

●それって結局どういう事だ
……簡単に言えば、七枷結衣嬢が青白い石像になる訳です(笑)
頬杖を付きながら、玉座のような椅子に深く腰掛けた尊大な印象を与える石像。
脚を組んだ姿は挑発的でもあり、長女としての威厳をも漂わせていたり。
ニヤリと不敵な笑みこそ浮かべていますが、その表情にはどこか穏やかな印象を受けます。

一枚絵は石化前と石化後がそれぞれ一枚ずつ用意されています。
クリア後のCG鑑賞モードで石化前→石化後とスライドショー形式で表示させる事が出来ますので、じっくりと色調の変化を楽しむのも一興でしょう。
特に結衣は赤系の髪に黒基調の服装というカラーリングですので、石化前後の色調の変化が本当に大きいんですね。
全てが時間的に凍結した世界の冷たい石の質感を、手を抜かずにカッチリとした彩色で表現されていますので
細部の印象がどう変化するかを見比べるのも楽しいです。
一つ一つのシナリオはそこまで長い物でもありませんので、私の場合でプレイ時間は約10時間ほどでした。
比較的お手軽なプレイ時間で結衣石化まで辿り着けると思います。

●簡易雑感(ネタバレ込み)
驚かされたのは、石化は物語中の過程に起きる出来事ではなく『七枷結衣と迎える最も幸福な結末』だという事です。
結衣は『壊れない事』を望み『永遠』を理想と追い求めてきた訳ですから、時間が凍りついた世界で永遠に存在するモノと化すという事は紛う事無く彼女にとっての幸せである、という事は理解できたつもりなのですが、多くのエロゲが『愛情で結ばれ共に生きる』事を幸福な物語とする中で、愛し合う者同士が石化して停止するという状態をハッピーエンドとしたのはかなりの冒険だったのではないでしょうか。

石化は『永遠』を体現する手段という発想は、このフェチの世界では以前から親しまれて来た物です。
ですが、それをここまでロジカルに、それでいてロマンチックに描かれていた事が個人的には嬉しかったですね。
石化は恐ろしい事ばかりじゃないんです。表現次第で幾らでも美しい方向に持って行けるんですよ!
……と、世のソフトメーカーの皆さんに声を大にして言いたくなりました(笑)

結衣の正体については当ブログでは言及しません。
テキストから読み取れる情報で断片的には理解できたのですが、やはり私には少々ハードルが高いのです(笑)
ですが、物質のエントロピーを停止させて有機物を無機物に変えるという能力を持つ、という結衣の設定はフェチの観点からすると非常に魅力的なんですよね。
結衣は長女として尊大に振る舞う一方で、非常にダメダメな自論を展開したり、ペパーミントを口に突っ込まれて悶絶する弄られキャラっぷりを発揮したりと、フェチ的要因以外でも美味しいキャラです。
フェチ的には石化した一枚絵が最大のご褒美になりますが、固め能力者である結衣と過ごす日常の描写もまた見応えのある物かと思います。

「不審者が来たって、固めて池にポイしてやる」
「ぎざばぁああ! 石にしてぐれりゅうう!」
「宝石にして飾っておきたいよ、お前は」
「こういうのはいいな……。金属だったり、宝石だったり。姿を変えず、永遠にあり続ける……」

ここら辺の結衣語録にピンと来る物があった方には、このゲームはおススメできるんじゃないかなと思いつつ
今回の締めとさせて頂きますね(笑)

関連記事
  1. 2011/05/15(日) 22:28:01|
  2. 雑感(ゲーム)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ポリエチレン・ケイジ(4) | ホーム | GW進行>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mitsukuri.blog35.fc2.com/tb.php/186-914e3269
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

只今のチャット参加人数

只今のお絵かきチャット参加人数

プロフィール

みつくりざめ

Author:みつくりざめ
石化に惹かれて早数年。
思うことを徒然と書き溜めていけたらと思います。

※メールフォームを設置しました。
ご連絡等がございましたら以下のリンクよりお願い致します。

FC2メールフォーム

twitter

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。